成果報告書詳細
管理番号20110000001298
タイトル平成22年度成果報告書 戦略的国際標準化推進事業 標準化研究開発 バイオメトリクス(顔画像品質等)評価技術に関する標準化
公開日2011/9/9
報告書年度2010 - 2010
委託先名財団法人ニューメディア開発協会 株式会社日立情報制御ソリューションズ
プロジェクト番号P04002
部署名技術開発推進部
和文要約 この研究開発は、「顔画像の品質評価に関する研究開発」と「バイオメトリクスの図記号(ピクトグラム等)に関する研究開発」の二つをテーマに実施した。
 第一のテーマでは、人間の主観的な評価を定量的に評価するための統計手法のうち、最も感度が高い対比較法をベースとした、顔品質評価ソフトウェアによる自動品質評価の出力値と専門家による目視評価結果とを結び付ける新しい顔画像品質評価の枠組を考案し、この枠組に挙げたアルゴリズムの実現性が高いことが実験結果から得られた。この枠組は、平成23年1月にスウェーデンのストックホルムで開催されたISO/IEC JTC1 SC37/WG3国際会議に寄書し、品質評価に関する標準開発に行き詰っている関係者の多くから支持を得た。
 また、高品質顔画像を添付した個人証明書として高い機能をもつ社会システム用カードが公共機関によってeパスポートと同様の方法で発給されることを前提に、当該カードに添付される顔画像の品質を全国的に統一するために役立つ、二つのガイドライン及び一つのツールを作成した。一つは、申請者自身が撮影し、社会システム用カードの申請窓口に持ち込む顔写真の品質を高めるための申請者向けのガイドラインである。もう一つは、顔写真の使用適否の判断を可能とするための受付担当者向けのガイドラインである。さらに、受付担当者の業務を支援するため、申請写真の不適正事例をインタラクティブに表示するツールを作成した。これらのガイドライン及びツールは、委員会参加企業・団体等による評価においておおむね好評を得ることができた。
 第二のテーマでは、我が国が得意とするバイオメトリック技術の一つである静脈認証技術を用いた認証システムの普及及び国際市場への拡大を期待して、静脈認証に関する図記号(ピクトグラム等)の標準化を提案し活動を行った。国際標準規格としての必要性が平成20年に認められ、ISO/IEC 24779-3(バイオメトリックシステムで使用するピクトグラム、アイコン及びシンボル~第3部:静脈認証)として、この標準規格の開発を推進している。
 静脈認証技術は、他の認証技術と異なり、認証に用いられる静脈を撮影する部位(指、手のひら、手の甲など)が異なる。そこで、平成21年度に考案した静脈認証を示すシンボルを基本として、本年度は、部位ごとに異なる静脈認証を表すシンボル群を考案した。
 今後は、静脈認証技術を用いた認証システム及び装置にこれらのシンボルが表示されるように働きかけ、認証システム及び装置の認知度を増し、認証システム及び装置の国内への普及の促進、さらには国際市場への拡大を期待する。
英文要約We performed two types of research and development within this project. One is the quality assessment of facial images, and the other is the graphic symbol development to be used to indicate vascular biometric systems.
In the first theme, we proposed a new framework to assess quality of facial images, based on a paired comparison that is one of the most sensitive statistical methods to quantify subjective assessment. A learning algorithm was introduced to combine outputs obtained by commercial software packages for automated quality assessment with visual assessment results by facial image examiners. An experimental result shows it would be much possible to realize algorithms standing on this framework in future. A contribution paper was submitted to ISO/IEC JTC1 SC37/WG3 meeting held in Stockholm, Sweden in January, 2011. An associated presentation at the meeting was welcomed by most of the participants who are still struggling to find a solution of quality assessment.
Assuming facial images with high quality level should be also attached onto new social ID cards to be issued by official organizations in future in a similar way of ePassports, we developed two guidelines and a tool which could be used for keeping high and uniform quality level of facial images on cards nation-widely. One of the guidelines is for applicants, which was developed to improve quality level of photographs taken by applicants themselves and used for applications of their cards. The other is for visual examiners who examine the applications, which was developed to enable them to correctly evaluate facial images on the applications. In addition, we developed a tool that can present examples of unsuitable facial images interactively. The guidelines and the tool were evaluated and then they could be accepted as valuable materials by the committee representing the participating companies and other interest organizations.
In the second theme, we proposed to standardize graphic symbols concerning vascular biometric authentication, expecting the vascular biometric authentication technology to be more visible and to become widespread to international markets. Since the necessity to standardize the vascular biometric authentication symbols was approved in 2008, we’ve been working on this project as ISO/IEC 24779-3.
The vascular features used for authentication can be captured from various regions (e.g., finger, palm, and back of the hand, etc.). Therefore, to expand the symbols designed in 2009 in order to represent vascular biometric authentication itself, this year we designed a group of symbols that represents vascular biometric authentication unique to each modality.
Hereafter we will promote the new symbols in this work to be displayed on vascular biometric authentication devices and systems and make them to be widely recognized. We accordingly expect these devices and systems to be distributed not only domestically but also internationally.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る