成果報告書詳細
管理番号20110000001301
タイトル平成22年度成果報告書 戦略的国際標準化推進事業 標準化研究開発 繊維製品の試験方法に関する標準化
公開日2011/9/9
報告書年度2010 - 2010
委託先名国立大学法人徳島大学
プロジェクト番号P04002
部署名技術開発推進部
和文要約<抗かび試験方法の国際標準化>
 平成21年度に引き続き、試験対象とする微生物について研究を行い、アメーバ及び酵母についてもATP発光測定法が有効であることを確認した。
 平成21年度に日本から提案したISO/CD13629-1(ATP発光測定法)について投票が行われ、平成22年8月に承認された。このCDに対する各国からのコメント、ラウンドロビンテストの結果及びフランスから提案のあったNP13629-2(プレートカウント法)について、平成23年9月に北京でTC38/WG23国際会議を開催し、検討を行った。その結果、CD13629-1は、中国から提案のあった抗かび効果を2段階から4段階に細分化する修正等を行い、DIS13629-1として平成23年1月から投票を開始すること(平成23年6月投票締切り)、NP13629-2は平成22年11月から投票を開始することが決議された。
<家庭洗濯・乾燥試験方法の国際標準化>
 平成21年度にDIS3758の2回目の投票が行われ、否決されたことから、DISの修正を行って、平成22年4月に3回目の投票が行われ、6月に承認された。平成22年7月にパリでWG12の国際会議が開催され、DISに対する各国からのコメントを検討し、FDIS投票に進むことが決議された。ケアラベル記号に関するGINETEXとの調整は終了したが、ISO/TC145への記号登録が必要となったことから、FDIS投票は平成23年4月以降に行われる見通しである。
 日本の洗濯機、洗剤を使用した試験方法が盛り込まれたISO6330改正案は、平成21年度にCD6330として登録された。平成22年7月にパリでWG3の国際会議が開催され、特に各国からのコメントもなく、DISに進むことが決議された。DIS6330は平成22年10月に投票が開始され、平成23年3月に締め切られた。賛成率が100%にならなかったため、FDIS投票が行われることになった。
英文要約International standardization of Antifungal testing
Study on target mocroorganisms started in the previous year of 2009 was continued and consequently applicability of ATP luminescence method to amoeba and yeast was confirmed.
ISO/CD 13629-1 Determination of antifungal activity Part1: Luminescence method prepared by Japan was approved in August 2010 by vote.
Second TC38/WG23 meeting was held in September 2010 at Beijing. Such subjects as Round robin test result, comments from member countries on CD voting and NP 13629-2 Plate count method were brought up for discussion, and China’s proposal to amend the antifungal efficacy criteria in Annex B from 2 to 4 levels was agreed to include DIS draft.
Finally, the decision was unanimously agreed that NP voting of 13629-2 and six-month DIS voting be opened in November 2010 and in January 2011, respectively.
Revision of ISO standards on ISO 3758 Care labelling and ISO 6330 Domestic washing and drying procedures for textile testing
Third version of DIS 3758 was approved in June 2010 by vote after productive revision work on the second version.
Comments from members on third DIS voting were reviewed extensively and a resolution in favour of moving up to FDIS vote was decided at the WG12 meeting held on July 2010 in Paris.
FDIS voting is, however, suspended and to be scheduled after April of 2011 since approval to registration of care symbols by ISO/TC145 “Graphical symbols” is required prior to voting in spite of amicable arrangement about symbols with GINETEX.
At Paris meeting in July 2010, WG3 approved CD 6330 in which washing test procedures using a Japanese pursator-type machine and JIS detergent had been incorporated, and further agreed to the resolution of moving it up to DIS without any comment.
And accordingly DIS voting was opened in October 2009 and closed with approval in March 2011. FDIS voting is expected in due course some time in 2011.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る