成果報告書詳細
管理番号20110000001362
タイトル平成22年度成果報告書 住宅・建築物高効率エネルギーシステム導入促進事業(建築物に係るもの) 平成17~20年度補助事業者の実施状況に関する分析
公開日2011/9/9
報告書年度2010 - 2010
委託先名備前グリーンエネルギー株式会社 株式会社地域計画建築研究所
プロジェクト番号P99045
部署名エネルギー対策推進部
和文要約「住宅・建築物高効率エネルギーシステム導入促進事業(建築物に係るもの)」は、民生部門建築物に省エネルギー性の高い高効率システムの導入する事業者を補助するとともに、導入後のエネルギー消費量等のデータを収集し、システムの性能、費用対効果等の情報を取得・分析することで、業務部門の省エネルギー対策に資することが目的である。平成11年度に創設され、これまで12回の事業公募が行われ、業務部門の省エネルギー対策の必要性と共に、その重要性は高まってきている。本調査では、平成17年度~20年度補助時事業者から、高効率システム導入後の実施状況を調査・分析し、導入したシステムの有効性を検証し、補助事業の総合的評価を行うとともに、今後の業務部門の省エネルギー施策への寄与及び、本調査結果を公表し、事業者が一層の省エネルギーを行うための知見を提示することを目的とする。調査結果の概要は以下の通りである。全体傾向としては次のとおりとなる。1. 採択傾向として、既築の採択割合が高まっている。2. 採択地域や建物用途は、平成11年当初は関東・事務所等の割合が高かったが、近年では多様化が進んでいる。3. 計画省エネ率は平成11年度が18%であったが、平成20年度は23%まで向上した。4. 1GJの省エネに支払われる補助は、平成12年度に56,782円/GJ・年であったが、年々低下し、平成20年度は5,218円/GJ・年と1/10以下まで低下した。5. 一次エネルギー削減量の平成11年度からの累積は1,802TJ/年となり、原油換算値で46,500KL/年の累積削減効果があった。平成17年~20年度の事業者の傾向の結果としては次のとおりとなる。1. 全体の一次エネルギー消費原単位の平均は2,664MJ/m2であった。2. 省エネ率の平均は32%、特に劇場・ホールが56%と高かった。3. 高効率システムの単純回収年数は全体で13.1年、デパート・スーパーが最も短く5.6年、事務所が最も長く26.7年であった。詳細分析の結果としては次のとおりとなる。1. システムの運用状況を詳細に分析したところ、PDCAサイクルを採用しているのは、システム導入前のエネルギー消費原単位が比較的低い補助事業者が多かった。2. 標準年間エネルギー使用量の検証では、標準年間エネルギー消費量を計算する方法については妥当性が認められた。一方で、計算結果と実際の建物の使用時間が標準年間エネルギー消費量と実際の導入前エネルギー消費量との乖離に影響を与えていることがわかった。業務実施内容としては次の内容を行った。1.データベースの作成:平成17年度~20年度補助時事業者の交付申請書、実施状況報告書、追加アンケートの内容を整理し、データベースを作成した。2.予稿集・発表会資料のとりまとめ:平成 19年度補助事業者からの事業成果を基に提出される、予稿集と成果発表会原稿集の内容の確認、校閲を行い、発表会原稿としてまとめた。3.成果発表会発表資料の作成:本事業における分析内容を発表用資料としてとりまとめ、一般の人にも住宅・建築物高効率エネルギーシステム導入促進事業(建築物に係るもの)の効果を広くアピールできるよう、事業成果をわかりやすくまとめた。
英文要約The project of promoting the installation of highly efficient energy systems to commercial buildings" is aim to support the installation of highly efficient energy systems to commercial buildings sector, and to analyze data in the systems for contributing to make commercial buildings more energy efficient. Since 1999, the project has supported, and it has become more important with necessity of energy conservation in commercial sector.
This study analyzes data submitted from the companies that was supported from this project in 2005 to 2008, verifies the performance of high-efficiency systems, and evaluates effects of the project to energy-efficiency in commercial building sector. The results of the study are published and give the knowledge in highly efficient energy systems.
Summary findings are as follows.Overall trend:1) The rate of select of existing building has increased.2) Regions of the selected companies and types of the selected building have become diverse.3)The average of the planned energy-conservation rate was 18% in 1999, improved to 23 percent in 2008.4)The subsidy paid to 1GJ energy saving was 56,782 yen/GJ/year in 2000, and became 5,218 yen/GJ/year in 2008. The subsidy in 2008 was 1/10 smaller than 2000.5) The cumulative primary energy conservation since 1999 becomes 1,802 TJ / year, that is same as 46,500 KL / year of crude oil.Trend of selected companies in 2005 -2010:1) The average primary energy consumption per area is 2,664 MJ / m2.2) The average of energy-conservation rate is 32%. The theater hall is 56%, which is the highest rate.3) The average of simple pay-back year is 13.1 years. 5.6 in the shortest, the department stores and shopping mall is shortest 5.6 year, and the office is longest 26.7 years.Detailed analysis:1)The companies adopting PDCA cycle for energy conservation activity consume smaller energy per area than the companies which do not. 2)In the validation of the standard annual energy consumption, its calculation was appropriate.It was found that the difference between planned building use time and the actual impacts on the difference between the planned energy consumption and the actual.Submitting materials:1)Creatign database including the proposal, the annual report, and additional survey of the selected companies in 2005-2008.2)Collecting and checking presentation materials of the selected companies in 2007.3)Creating a presentation of this study that explaining the effect on energy efficiency in commercial buildings.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る