成果報告書詳細
管理番号20110000001446
タイトル平成22年度成果報告書  平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08B41005d 超高性能CO2分離膜の創製と大型化による革新的CO2回収技術の開発 平成22年度中間
公開日2011/9/28
報告書年度2010 - 2010
委託先名長岡技術科学大学姫野修司
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約これまで未解明であったバイオガス中の不純物のDDR型ゼオライト膜に与える影響を詳細に評価し、それらに基に前処理方法の検討を行った。バイオガス中の不純物の影響は熱処理等で回復する可逆的なものであったが、一定の性能を長時間維持するためには前処理が必要であることが分かった。
また、低圧から高圧領域までの分離実験により、DDR型ゼオライト膜の高圧での分離性能を把握した。
英文要約We evaluated the influence of impurities contained in biogas to the DDR type zeolite membrane, and examined the preprocessing method base on the results of experiments. The performance of this membrane decrease with impurities in biogas, and decreasing performance was recovered by heat treatment reversible. However, to maintain the performance for long period, it was considered that the preprocessing was necessary.
The separation performance in the high pressure region of the DDR type zeolite membranes was understood by the separation experiment from the low pressure to a over 7 MPa region..
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る