成果報告書詳細
管理番号20110000001448
タイトル平成22年度成果報告書  平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08B44001a 使用済みナトリウム~硫黄二次電池のリサイクルのためのナトリウム精製技術開発および多硫化ナトリウムからの重金属吸着剤の開発 平成22年度中間
公開日2011/9/28
報告書年度2010 - 2010
委託先名北海道大学上田幹人
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約NaTFSIとTEATFSIまたはTBATFSIを混合したイオン液体を電解液として用いてナトリウムの電解精製実験を行った。また電解槽のスケールアップ化に伴い、ナトリウムプール電極を用いた電解槽を構築し、電解精製実験を行った。スケールアップした電解槽においても電解精製反応が進行する事が認められた。
グラファイトフェルトの活性炭素繊維化について、電解処理と空気雰囲気での加熱処理による賦活法を検討した。また、多硫化ナトリウムの重金属固定化剤への研究では、カルシウム塩やPAC等の排水処理剤を複合的に用いることで、新たな元素についてもある程度処理可能になった。さらに、グラファイトフェルトの性状を活用した微生物担体への利用を検討した。
英文要約Sodium electrorefining was carried out in NaTFSI-TBATFSI and NaTFSI-TEATFSI ionic liquids at 160 oC. Enlarged electrorefining cell containing liquid sodium electrodes was constructed.
In treatment of graphite felt, the oxidation of the surface of the graphite felt was investigated by electrolysis processing and by heat treatment in the air atmosphere. In heavy metal fixation by sodium polysulfide, some elements which couldn’t be fixed by polysulfide were fixed by mixture of the polysulfide and wastewater treatment agent of calcium salts or PAC. In addition, microorganisms carrier using the graphite felt showed the similar performance compare with the commercial carriers.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る