成果報告書詳細
管理番号20110000001452
タイトル平成22年度成果報告書  平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08E52010a 我が国およびASEAN諸国の災害救援活動の迅速性を飛躍的に向上させるリアルタイム津波被災地認定技術の開発 平成22年度中間
公開日2011/9/28
報告書年度2010 - 2010
委託先名東北大学越村俊一
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約「津波被災地認定技術」の基盤をほぼ完成させた。今年度は2010年チリ沖地震津波および2011年東日本大震災におけるフィージビリティスダディを実施し、特に合成開口レーダー画像を用いた津波被災地の探索と被害評価についての重要な研究成果が得られた。さらに、2011年東北地方太平洋沖地震津波災害の被害調査および解析を実施することで、本研究で用いる被害予測式の高度化を果たした。
英文要約From the recent events, we checked the feasibility of our proposed method. Especially, SAR remote sensing approach is implemented to the 2010 Chile tsunami and verified that it can be used to find out the devastated area by the tsunami. Through the satellite image analysis of Tohoku region (the 2011 Tohoku earthquake tsunami), we developed an algorithm to identify the tsunami inundation zone with sufficient accuracy. Finally, the detailed inspection of aerial photos and field survey produced the relationships between the tsunami flow depth and structural damage probability (tsunami fragility curve) so that we can apply for possible future event in Japan.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る