成果報告書詳細
管理番号20110000000451
タイトル平成21年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09B35006d 脈動性を用いた再層流化による高効率流体輸送技術の開発研究 平成21年度中間
公開日2011/10/12
報告書年度2009 - 2009
委託先名国立大学法人東京農工大学岩本薫
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約レイノルズ数5000までの検証を行った。現有のポンプでは減速性能に限界があり、レイノルズ数の増加に伴い、動力削減効果が小さくなった。また、乱流構造の変化を室内実験で評価できるように時系列2次元粒子画像流速測定法(時系列2D-PIV)を構築した。さらに、擾乱が少ない過流ポンプを新しく導入し、動力削減効果の圧力波形パターン依存性を調査した。ほぼ同様の動力削減効果を得て、ポンプによる依存性は無いことを確認した。また、ポンプから約6m下流において時系列2D-PIVを用いてポンプによる外乱の影響を定量的に調査した結果、ポンプによる外乱の影響はほとんど無いことを確認した。ポンプによる外乱、接続部での流路の段差などを無くした装置に改良し、外乱が動力削減効果に与える影響を調査した。その結果、外乱による悪影響を排除することに成功した。他方、外乱による減速効果が減少し、ポンプの回転数制御を変更する必要があることが分かった。
英文要約The experiments were performed up to the Reynolds number of 5000. The energy-saving effect is decreased with increasing the Reynolds number owing to the pump deceleration performance. The time-series 2D Particle Image Velocimetry (PIV) was constructed to evaluate turbulent structures experimentally. A new less-disturbance vortex pump was installed, and almost the same result was obtained, leading to no dependence on the performance of pumps. In addition, it is found through 2D-PIV that the disturbance of the pump was negligible downstream. The experimental apparatus was improved with less disturbance. Consequently, the harmful influence was decreased. On the other hand, the control of the rotating speed of the pump should be modified owing to the decrease of the decelerating effect by the disturbance.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る