成果報告書詳細
管理番号20110000000767
タイトル平成20年度成果報告書 平成18年度第2回採択産業技術研究助成事業 06A43505c 組物技術を応用した天然繊維強化生分解性樹脂複合材料の開発 平成20年度中間
公開日2011/10/12
報告書年度2008 - 2008
委託先名国立大学法人京都工芸繊維大学仲井朝美
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約本研究では、実成形品での応用を考慮し、Jute/PLA Micro-braided yarnを用いて引抜成形を行った。引抜成形時の成形条件を様々に変化させ、成形品の断面観察を行い、含浸状態および内部構造を明らかとした。さらに、各成形条件における試験片の三点曲げ試験を行い、成形品物性を検討し、最適な成形条件を検討した。その結果、中間目標値である、ガラス繊維強化熱硬化性樹脂複合材料(GFRP)と同等の物性値(曲げ弾性率:10.7(GPa)、強度:197(MPa))を天然繊維強化生分解性樹脂複合材料において達成する引抜成形品が得られた。
英文要約In order to establish the molding technology of real composite structure, new molding technology combining braiding technology and pultrusion system was developed with Jute/PLA micro-braided yarn. By changing molding condition, impregnation state and internal structure of pultruded composite were investigated. The mechanical properties were examined with bending test and the optimum molding condition was investigated. Finally, interim goal for the mechanical properties of natural fiber reinforced thermoplastic materials, which is equivalent to glass fiber reinforced thermosetting composite was achieved with pultruded unidirectional jute fiber reinforced PLA composites.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る