成果報告書詳細
管理番号20110000001012
タイトル平成16年度~平成22年度成果報告書 次世代輸送系システム設計基盤技術開発 ミッション対応設計高度化技術
公開日2011/10/12
報告書年度2004 - 2010
委託先名株式会社IHI 社団法人日本航空宇宙工業会
プロジェクト番号P02008
部署名機械システム部
和文要約商業ロケットの国際競争力向上を目的として、ロケット運用段階において受注から打上げまでのミッションインテグレーション期間を短縮し、また、打上げ結果を次号機以降に反映する飛行後解析作業を高度化・効率化する「ミッション対応設計高度化技術」を開発した。開発した技術とその成果は以下の通り。  (1)ミッション対応設計高度化技術の研究開発  1)ミッション対応設計情報一元管理技術:ミッションインテグレーション期間の短縮のために、ロケットユーザである衛星とのインタフェース仕様とロケット設計仕様とを一元管理する技術を確立し、ミッション対応設計情報一元管理システムを構築した。構築したシステムによりロケット/衛星間の調整作業を効率化できることを実証した。  2)ミッション解析情報設定技術:初期の段階からユーザ(衛星)に関して不足するインタフェース仕様についてリスクを考慮した上で設定することで前倒しに設計・解析することを可能とする技術を確立し、ミッション解析情報設定システムを構築した。ミッション対応設計情報一元管理技術と本技術を組み合わせて使用することで、ミッションインテグレーション期間を従来から40%削減可能なことを実証した。  3)打ち上げ当日ミッション解析・評価技術:打上げ当日の風計測結果を入手後、打上げ可否判断を確実かつ迅速に実施するために、必要な解析作業を自動化・効率化する技術を確立し、打ち上げ当日ミッション解析・評価システムを構築した。実証試験により、打上げ可否判断の信頼性向上と作業の効率化を確認した。  4)飛翔中データ取得・機体評価技術:ロケットの打上げ結果を次号機に着実に反映するための、ロケット機体状態のデータ処理・分析を高度化・省力化する技術仕様を確立し、飛翔中データ取得・機体評価システムを構築した。構築したシステムを用いて飛行後解析作業量の20%削減可能なことを実証した。  これらの実証試験を通して、本研究開発の最終目標である「ミッションインテグレーション作業期間の40%削減」および「飛行後解析作業量の20%削減」の達成を確認した。本開発技術を活用し、構築したシステムを活用することで商業ロケットの国際競争力向上が期待できる。  (2)ミッション対応設計高度化技術に必要な調査・分析及び評価  ミッション対応設計高度化技術に必要な技術を国内衛星メーカ及び国内外の主な打上機関について調査し、その結果を分析した。また、ここで開発したミッション対応設計高度化技術の適用可能な一部を過去に打上げ実績のあるロケットシステムに適用して、その有効性を確認した。  (3)開発内容等に関する検討評価 外部有識者の指導及び協力を得て以下の委員会を組織し、開発の内容、方向性に関し有識者の意見を取りまとめ技術開発に反映した。  ・次世代輸送系システム設計基盤技術委員会  ・ミッション対応設計高度化技術小委員会(平成16~19年度)
英文要約Title: Project for Development of the Mission Adaptive Design Technology, Next Generation Transportation System Basic Technology Development (FY2004-FY2010) Final Report
In order to increase international competitiveness of commercial launch services, Mission Adaptive Design Technology was developed. The technology enables to shorten the mission integration period, that is, period from receipt of order to launch, and to streamline and sophisticate post-flight activities to reflect the flight evaluation results onto the following launch. The developed technologies and accomplishments are as follows: (1) R&D of Technology Improvement with Mission Adaptive Design, 1) Mission Integration Information Unification Management Technology; To shorten the mission integration periods, management technology to unify the information related to interface of user satellite and launch vehicle design specification, was developed and mission integration system was constructed. It was demonstrated that mission integration coordination between launch vehicle and satellite was streamlined by using the constructed system. 2) Advanced Mission Analyses Technology; The technology which enable mission analysis and design to be brought forward by setting interface specification considering associated the risk, was developed and the software tools to support the analysis was constructed. By using this and Mission Integration Information Unification Management Technology, it was demonstrated that 40% of the mission integration periods could be reduced. 3) DOL Mission Analyses and Evaluation Technology; The technology to automate and streamline the analysis process after receipt of wind profile measured at site on Day of Launch and to assure prompt GO/NOGO decision for launch, was developed. And DOL Mission Analyses and Evaluation system was constructed. The function and usefulness of the system was demonstrated. 4) In-flight Data Acquisition and Evaluation Technology; In order to reflect the evaluation result of previous flight onto next launch, the technology which enable to streamline and enhance the post-flight data analysis and evaluation, was developed and the post flight data evaluation system was constructed. It was demonstrated that post-flight activities could be reduced by 20% by using this system. Though these demonstration, this R&D's final targets, 'Reduction in Mission Integration period by 40%' and 'Reduction in Post-flight Analyses activities by 20%', were achieved. To utilize these technologies developed through this R&D project, it was expected to strengthen the international competitiveness of commercial launch service of Japanese industries. (2) Research, Investigation and Evaluation Necessary for 'Mission Adaptive Design Technology: Research on fundamental technology for 'Mission Adaptive Design Technology' was conducted in corporation with domestic satellite builders and domestic or international launch organizations, and the results were investigated. Also a part of the 'Mission Adaptive Design Technology' developed in this R&D, was adapted to the heritage launch system and showed its effectiveness. (3) Review and Evaluation of the R&D: The following committees were held to establish the policy this R&D project and to review the developed technologies and systems, from experts in the third party, and to reflect on the R&D: - Committee for Next Generation Transportation System Basic Technology Development, - Sub-committee for Mission Adaptive Design Technology, from 2004 through 2007.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る