成果報告書詳細
管理番号20110000001015
タイトル平成22年度成果報告書 宇宙等極限環境における電子部品等の利用に関する研究開発 宇宙用リチウムイオン電池に関する国際標準化事業
公開日2011/10/12
報告書年度2010 - 2010
委託先名社団法人日本航空宇宙工業会
プロジェクト番号P99001
部署名機械システム部
和文要約 リチウムイオン電池(以下、「LIB」という)は、宇宙環境信頼性実証システム(以下、「SERVIS」という)の実証衛星1号機に実験機器として搭載され、軌道上実証を実施した。その成果に基づき、SERVIS 実証衛星2号機のバス機器として採用された。
 LIBは近年複数の衛星に採用されつつあり、従来の宇宙用二次電池に置き換わるものとして、市場拡大が見込まれている。
 こうした状況のもと、評価試験、輸送関連等において、「性能、安全性、ロジスティクス」に関する統一的な基準の制定が求められている。
 このため、下記3項目の活動を通じて、国内の宇宙機関、宇宙関連メーカの意見集約を図り、宇宙用LIB の開発と利用について我が国が先行する立場の維持・強化に繋がる国際標準の規格案を作成した。
(1) 国際宇宙機関、企業における検討状況の調査
(2) 国際標準化規格案作成に向けた国内宇宙機関、企業における検討・調整
(3) 国際標準化規格案の検討
本事業の活動成果として、NWIP(New Work Item Proposal)対応のOutlineを2月に開催されたISO国内分科会(WG1)へ提案した。
英文要約 The lithium-ion battery system (LIB) was installed as experimental equipment by the first satellite of the Space Environment Reliability Verification Integrated System (SERVIS-1), and executed verification on the orbit. And it was adopted as a bus equipment of SERVIS-2 based on the result.
Recently, LIBs are used more frequently in commercial mission of space industry and the rechargeable battery (for instance, Nickel Cadmium or Nickel Hydrogen battery) will be replaced by LIBs in more satellites. For such reasons, the LIB market expansion is expected.
In such a situation, an appropriate standard concerning performance, safety, and logistics for LIB is needed. Therefore the opinion of an appropriate standard was consolidated in domestic spacecraft agency and spacecraft manufacturer, and the outline of international standardization was made. An activity item is as follows.
(1) The situation for standardization in spacecraft agency or spacecraft manufacturer in each country has been investigated.
(2) The domestic spacecraft agency and spacecraft manufacturer have discussed the international standardization.
(3) The Outline of international standardization candidate (NWIP : New Work Item Proposal) has been proposed to ISO domestic subcommittee (WG1).
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る