成果報告書詳細
管理番号20110000001018
タイトル平成21年度成果報告書 エコイノベーション推進事業「アニマルセンシングによるエコ型動物管理システムの探索研究」
公開日2011/10/12
報告書年度2009 - 2009
委託先名バイセン株式会社 新産業創造研究機構 岩手大学
プロジェクト番号P07026
部署名研究開発推進部
和文要約国内の酪農・畜産業はさまざまな課題に直面している。家畜の疾病や分娩事故等による生産性の低下、飼料の高騰や光熱水費の負担による収益性の悪化、過酷な労働実態による就農者の疲弊や新規参入者への障壁(産業としての魅力のなさ)、小規模事業者の割合が多く営農技術のばらつきがあるためのノウハウ欠如と技術格差の拡大、等々である。それに昨年来の世界的な不況下で、産業全体の低迷と雇用情勢の悪化が拍車をかけている。乳用牛の飼養戸数は平成21年2月時点で23,100戸あるが、平成12年度の33,600戸と対比すると68.8%と減少している。これは飼養者の高齢化や配合飼料価格の高騰による廃業などで、過去10年間減少してきた結果である。飼養戸数で見ると、肉用牛、豚、採卵鶏農家でも同様の傾向にある。また、生乳の農家販売価格は平成20年度で10kgあたり830円となっているが、平成17年度比102.3%の伸びに留まるのに対し、配合飼料の農家購入価格は1トン当たり70,150円と、平成17年度比135.8%と高騰している。こういった諸問題に対処し、先進的で独自的な技術・システムを探索研究することで、以下の課題を解決していかなくてはならない。1.産業としての競争力(対他産業、対外国)を維持・強化するための生産性・収益性改善の必要性 2.家畜を「物」ではなく「生き物」として健康な状態で飼育することによる安全・安心な畜産物生産の必要性 3.エネルギー環境改善にための光熱水費(主に電気代)削減の必要性 4.社会基盤、雇用対策として就農者の労働状況の改善による就農人口維持・増加の必要性 5.営農技術を集約し伝承するための「現場の知=無形の見えざる技術」の収集と「見える化」の必要性 これらの課題を解決するため、動物のセンシングと無線通信により、畜舎や放牧場等を常時管理する『エコ型動物管理システム』を構築し事業化するための研究開発に着手した。本探索研究は『エコ型動物管理システム』開発に必要な「アニマルセンシングにおける収集情報の解析技術の確立」(具体的には3軸加速度センサを使用して牛の発情、妊娠、分娩及び疾病等を早期発見するためのデータ解析のノウハウの発見)と、「無線通信による畜舎等の温度管理」(具体的には温度センサとファンのON/OFFによるコントロール)を組み合わせてパッケージ化した試作機のための基盤ソフトの課題に取組むものである。
英文要約Title: Innovation Promotion Project, Eco-Innovation Promotion Project, Exploratory study of Eco-animal management system uses wireless animal sensing technology (FY2009) Final Report
Recently, there are many subjects in the fields of Domestic dairy and livestock industry in Japan. Illness and reproductive accident of livestock are strongly correlated to profitability in farm. Furthermore, rising costs of feed and utilities are experienced declining incomes. There are many barriers to participated new entrants and the not good working conditions (as an industry appeal lack). In a global recession over the last year, it has spurred the worsening employment situation and the industry-wide downturn. The dairy cattle units in 2009, there are 23,100 units in fiscal 2000 compared with 33,600 units and have decreased 68.8%. This is out of business by soaring prices and an aging caretaker and mixed feed, the result has been declining over the past 10 years. Looking at number of houses, beef cattle, pigs, poultry farmers also tend to like eggs. The farm price of milk is sold in fiscal 2008 that is 10 kg per 830 yen, compared to fiscal 2005 grew 102.3% compared to staying in the purchase price of formula feed farmers and 70,150 yen per ton. It is rising 135.8 percent compared to fiscal 2005. To address these issues, we should study and explore the unique and advanced technology systems. Finally, our new system will resolve the following issues: 1. Competitiveness of the industry in farming 2. Assessments of “Animal Welfare” and systematic management. 3. Environmental improvement costs for utilities and reduce the energy in the farm. 4. Social infrastructure, the need for increased improvement in the situation by engaging in farming population maintained by engaging in farming as a labor and employment measures. 5. Traditional techniques for the intensive farming. It needs "technology invisible and intangible knowledge in the field” and visualization of the field knowledge. To solve these issues, we studied to apply for sensing and wireless communication device to animal management. We realized the wireless sensing is very useful and convenient for understanding animal behavior and reproductive information. However, it needs more sophisticated system in real farming. In this study, we will more arrangement for strong system and make a prototype of a combination packaging.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る