成果報告書詳細
管理番号20110000001036
タイトル平成21年度成果報告書 エコイノベーション推進事業「沖縄水溶性ガスを活用した地域自律分散型電力システムの研究」
公開日2011/10/12
報告書年度2009 - 2009
委託先名学校法人早稲田大学 株式会社建設技術研究所
プロジェクト番号P07026
部署名研究開発推進部
和文要約はじめに、スマートグリッドに関する国内外の動向を調査し、受託者らの研究グループが研究開発中のECOネットワークが、我が国の事情にあったスマートグリッド、すなわち地域自律分散型電力システムの構築に有用であることがわかった。
次に、沖縄水溶性ガスを燃料としたガスコジェネレーション、再生可能性エネルギー供給を行う地域自律分散型電力システムとして、クラスター拡張型グリッドを提案し、その有効性をコンピュータシミュレーションにより検証した。これらのシステム構築は、水溶性天然ガスや太陽光などの再生可能エネルギーを積極的に活用するので環境性に優れ、ニーズに応じて自立分散的に拡張することができて低コストで展開でき、それらクラスターを連系して需給制御することにより、システム全体としての供給安定性の向上が図ることができる。
また、実際の地域自律分散型電力システムの適用地域の検討を行いの3地域を選定した。
最後に、次年度に琉球大学でプレ実証試験を行うための検討を行い、システム構成案と概算費用を算定した。
英文要約First, investigation of the trend in domestic and overseas about a smart grid was made. It turned out that the ECO network which trustees' research consortium is doing research and development in is useful to construction of the smart grid which suited the situation of our country, i.e., a local autonomous distributed electric power system.
Next, We proposed the cluster extension type grid as a local autonomous distributed electric power system which performs gas cogeneration which used a natural gas dissolved in water in Okinawa pref. as fuel, and reproduction possibility energy supply. And the validity of the proposal was verified by computer simulation.
Moreover, it is connected and improvement in the supply stability as the whole system can plan those clusters by carrying out supply-and-demand control.
On the other hand, examination of the application area of an actual local autonomous distributed electric power system was performed, and three areas were selected.
Finally examination for doing a pre-actual examination on the following fiscal year in University of the Ryukyus was performed, and the system configuration proposal and the estimated cost were calculated.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る