成果報告書詳細
管理番号20110000001090
タイトル平成22年度成果報告書 次世代建築物統合制御システム実証事業費助成金/次世代省エネルギー等建築システム実証事業/次世代省エネルギー等建築システム実証事業に関する調査研究
公開日2011/10/12
報告書年度2010 - 2010
委託先名株式会社野村総合研究所
プロジェクト番号P09020
部署名エネルギー対策推進部
和文要約わが国の民生部門のエネルギー消費は、最終エネルギー消費量の3割以上を占めており、産業部門、運輸部門に比べて過去からの増加が顕著である。民生部門は業務部門と家庭部門に区分されるが、とりわけ、業務用ビルを中心とする業務部門のエネルギー消費は、民生部門の過半を占める上に家庭部門よりも増加が著しい。 こうした中、平成21年4月には、「エネルギーの使用の合理化に関する法律」の一部が改正され、建築物におけるエネルギー管理がより広く強化されることとなった。 また、わが国は、すべての主要国による公平かつ実効性のある国際的な枠組みの構築及び意欲的な合意を前提として、中期的には温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比25%、長期的には2050年までに1990年比80%削減する目標を掲げている。この目標を達成するためには、業務部門におけるエネルギー消費量の大幅削減が不可欠であり、将来に向けて業務用ビルのエネルギー消費量を削減することがより強く求められている。  このような背景から、現在、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構では「次世代省エネルギー等建築システム実証事業」により、2030年までにビルにおける年間一次エネルギー消費量を概ねゼロとすることを目指して、業務用ビルにおける低炭素化の技術実証に取り組んでいる。 本調査研究では、わが国の業務用ビルのより一層の省エネルギー化やZEB化を推進していくことを目的として、国内外のネット・ゼロ・エネルギー・ビルに関する事例や「次世代省エネルギー等建築システム実証事業」の事例など、多様な業務用ビルの調査、分析等を行い、年間の一次エネルギー消費量を正味(ネット)でゼロとするための指標(要件)を作成した。
英文要約Title: Research on Demonstration Project for Next-generation Buildings Using Energy Efficiency Technologies (FY2010) Final Report
Over 30% of energy consumption in Japan comes from the residential and commercial sector, and it is increasing significantly compare to the industrial and transportation sectors. Energy saving measures for commercial buildings is urgently required, since the commercial sector including office buildings consumes more than half of total energy consumption in the residential/commercial sector, and it is growing more prominently than that of the residential sector. Part of “Act on the Rational Use of Energy” has been amended in April 2009 and it ordains to tighten building energy management. Moreover, Japan has set carbon reduction target to reduce 25% (from 1990) by 2020 and 80% by 2050 which is based on the fair and practical agreement among major countries. To achieve this target, we should reduce energy consumption in commercial sector significantly. It means energy conservation from commercial buildings is absolutely necessary for us. Because of these backgrounds, NEDO has been demonstrating energy efficient and low carbon technologies for commercial buildings to achieve Net-Zero Energy buildings (ZEBs) by 2030. In this research, to promote energy efficiency of commercial buildings or ZEBs, we picked up some example cases of ZEBs or energy efficient buildings both in Japan and other countries and analyzed their performances. As a result we composed index (requirement), which shows how buildings can be ZEBs.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る