成果報告書詳細
管理番号20110000001100
タイトル平成22年度成果報告書 NEDO研究開発プロジェクトに係る追跡調査・評価(エネルギー技術分野)
公開日2011/10/12
報告書年度2010 - 2010
委託先名株式会社日鉄技術情報センター
プロジェクト番号Q05007
部署名評価部
和文要約1.事前準備調査の実施
平成21年度終了プロジェクトについての事前準備シートの発送(82件+11件(類型2)、産業技術分野を含めると192件+11件(類型2))・回収、データの整理、集計・分析を行った。
2.簡易追跡調査の実施
平成16年度終了プロジェクト(5年目、最終年度)、平成18年度終了プロジェクト(3年目)、平成20年度終了プロジェクト(1年目)についての簡易追跡調査票の発送(76件+7件(類型2)、産業技術分野を含めると334件+27件(類型2))・回収、データの整理、集計・分析を行った。
3.詳細追跡調査の実施
調査票の発送(33件、産業技術分野を含めると117件)・回収、NEDOが必要と判断した詳細追跡調査対象に対して訪問ヒアリング(9社、産業技術分野を含めると24件)、訪問前の事前周辺動向調査を実施した。また、データの整理、集計・分析及び個別事例分析を行った。詳細追跡調査手法として、上市・製品化、中止、非実施企業の対比によるNEDOマネジメント上の新たな視点の提示、上市・製品化及び中止・非実施に至る重要要因の検証、重要要因等のエネルギー/産業技術分野別、技術分野別の差違の検討、上市・製品化事例集の作成等を行った。
4.平成16年度終了プロジェクトに係る追跡調査結果の総括
追跡調査では、調査期間を原則5年間としており、平成16年度終了プロジェクトについては、本年度が最終調査となるため、当該プロジェクト群に係る追跡調査結果の総括を行った。具体的には、プロジェクト毎の(1)技術的成果、(2)社会・経済等の効果、(3)今後期待される効果を整理するとともに、(4)主題的/副次的成果等の区別も行い、当該プロジェクト群の短期的アウトカムの把握を行った。
5.追跡調査・評価分科会に係る運営業務支援
NEDOが開催した3回の追跡調査・評価分科会に係る会場(外部)手配・設営・運営、委員への連絡、資料準備支援等を行った。
6.追跡調査・評価報告書の作成
産業技術分野の調査結果提供を受け、エネルギー分野との統合報告書を作成した。
英文要約Title: The follow-up survey and evaluation of the research and development project by NEDO (A field of energy technology)
1. Outline of follow-up monitoring and evaluation
The follow-up monitoring and evaluation which investigates and evaluates activity towards commercialization of the result after a project end by NEDO in pursuit for principle five years were started from 2004 fiscal year. This fiscal year investigated 564 organizations of 94 projects ended in 2004, 2006, 2008 and 2009 fiscal year.
2. Outline of results of an investigation
(1) Simplified monitoring for "type 1" projects, which aimed to commercialize
1) The rates of practical use were 10% to 21%, varied with the project-end fiscal year.
2) The current situations of the organizations' post-project activities were monitored.
3) The situation of industry-university cooperation, the result of technology transfer, and the future schedule were monitored.
4) Many-sided results were grasped. (For example, a contribution to standardization or personnel training)
(2) Detailed monitoring
1) The number of practical use was 36 companies, 20 projects. The hearing was carried out to 24 companies and the points which resulted in commercialization were confirmed.
2) Detailed monitoring questionnaires for the companies stopped post-project activities were answered by 81 companies.
3) Simplified monitoring for "type 2" projects, which focused on infrastructures (e.g. a database and standardization).
The current situation of research and development, and the practical use situation were monitored.
3. The synthetic conclusion of the follow-up monitoring result of the project ended in 2004 fiscal year
Since the follow-up monitoring on the projects ended in 2004 fiscal year was completed, the synthetic conclusion of a follow-up monitoring result was drawn. The conclusion about the application situation and economical/social effect to a product of a project result were drawn, and the outcomes were grasped.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る