成果報告書詳細
管理番号20110000001101
タイトル平成22年度成果報告書 NEDO研究開発プロジェクトに係る追跡調査・評価(産業技術分野)
公開日2011/10/12
報告書年度2010 - 2010
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号Q05007
部署名評価部
和文要約件名:平成22年度成果報告書 NEDO研究開発プロジェクトに係る追跡調査・評価(産業技術分野)
●追跡調査・評価の概要:独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下NEDO)では、「(1)業務の高度化等の自己改革を促進する」、「(2)社会に対する説明責任を履行するとともに、経済・社会ニーズを取り込む」、「(3)評価結果を資源配分に反映させ、資源の重点化及び業務の効率化を促進する」の3点を目的として、原則5年間、NEDOプロジェクト参加機関におけるプロジェクト終了後の成果の実用化等に向けた活動を追跡調査・評価している。平成22年度は、平成16年度、平成18年度、平成20年度及び平成21年度終了プロジェクトに係る追跡調査・評価を実施した。●事前準備調査:平成21年度に終了した15プロジェクトを対象に、延べ110の参加機関に対する調査を実施した。類型1の「企業」による回答(92件)について、継続/非継続の別、最終目標段階を把握した。継続は61件で全体の66%を占め、非継続は31件であった。継続のうち、最終目標段階をみると、最も多かったのが、「上市」で、続いて「製品化」となっている。「上市」および「製品化」をあわせた「実用化目標率」は80%となっている。その他、技術戦略マップとの関係性分析を実施し、ナノテクノロジー、創薬・診断、生物機能活用技術などで、継続率が低いことが明らかとなった。なお、類型2については、該当なしであった。●簡易追跡調査:平成16年度、18年度および20年度に終了した46プロジェクトを対象に、延べ278の参加機関に対する調査を実施した(うち20機関は類型2)。●詳細追跡調査:簡易追跡調査において「上市・製品化(27件)」、「中止(26件)」、「非実施(31件)」と回答のあった機関に対して、詳細追跡調査を行った。その結果、上市・製品化企業は、技術的課題の克服や開発のスピードアップを目的とし、満足いく成果を上げている。一方、中止、非実施企業では他機関との人的・組織的ネットワークの形成を最大の期待として挙げていることなどが分かった。また、「上市(9件)」、「中止(5件)」、「非実施(1件)」の計15件については、ヒアリング調査を行い、追跡チャートを作成した。さらに、「上市・製品化を達成する上での示唆」や「中止、非実施の主な原因」についての考察も行った。●その他の業務:「終了事業に関するその他のアンケートの支援」、「平成16年度終了プロジェクトに係る追跡調査結果の総括」、「追跡調査・評価分科会に係る資料作成支援」を実施した。また、平成16から22年度までの簡易追跡調査結果を活用して、追跡調査終了後のプロジェクトの見通しに関する分析を行った。その結果、上市後の遷移をなしとした場合では、NEDOプロジェクトの10年後の上市割合は25.5%、製品化割合は7.5%となると推計され、上市化割合には目標設定段階が強い影響を与えることが分かった。
英文要約Title: The follow-up survey and evaluation of the research and development project by NEDO (A field of industrial technology)
1. Outline of follow-up monitoring and evaluation:
For 5 years after the end of a project, NEDO periodically conducts follow-up monitoring and evaluation of efforts by participating organizations to commercialize NEDO project results. Purposes of said monitoring and evaluation are:
(1) Enhancing self-improvement, such as sophistication of operations
(2) Establishing accountability to our society and reflecting its social and economic needs
(3) Applying the evaluation result to allocation of resources
2. Outline of the results of the investigation:
In fiscal year 2011, the survey and evaluation investigated projects completed in fiscal years 2004, 2006, 2008 and 2009.
(1) Preliminary survey: The investigation of 110 organizations was conducted for 15 projects, which were completed in fiscal year of 2009. The investigation focused on "Type 1" projects involving 92 companies.
1) On the post-project activities, 61 companies (about 66%) responded that they still conducted the post-project activities and 31 companies responded that they didn't.
2) Among the companies which continued to conduct the post-project activities, the final goal setting rates of "practical use" — "launching" and "commercializing" combined~ were 80%.
3)The percentage of the companies that carried on their post-project activities was relatively low in the fields of nanotechnology, drug-discovery technology, and white biotechnology.
(2) Simplified monitoring: The investigation of 278 organizations was conducted for 46 projects which were completed in fiscal years 2004, 2006 and 2008.
(3) Detailed monitoring: A detailed investigation was conducted among the organizations which had answered that the current status of their post-project activities was either "launching/commercializing" (27 organizations), "stopped" (26) or "inactive" (31).
1) An interview was conducted with 15 companies and a follow-up chart was created. 2) The possible factors affecting commercialization and the primary reasons post project activities were stopped or made inactive were confirmed.
(4) Other research activities:
1) The following research activities were conducted as well.
-Support for the other survey on the completed projects
-Support for producing the documents required for the evaluation section meeting, which consisted of the external key figures from this fiscal year.
2) A perspective on the project after the follow-up monitoring was analyzed by utilizing the result of the "simplified" monitoring accumulated between fiscal years 2004 and 2011.
3) The percentages of companies which proceeded to "launching" and "commercializing" stages 10 years after the completion of NEDO Projects were assumed to be 25.5% and7.5%, respectively.
4) The results also showed that the percentage of companies which proceeded to the "launching" stage was greatly affected by each company's initial goal.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る