成果報告書詳細
管理番号20110000001195
タイトル平成21年度~平成22年度成果報告書 戦略的先端ロボット要素技術開発プロジェクト 高齢者対応コミュニケーションRTシステム(サービスロボット分野) コミュニケーションRTによる高齢者の在宅健康管理・支援システムの開発と実用化
公開日2011/10/12
報告書年度2009 - 2010
委託先名積水ハウス株式会社 学校法人千葉工業大学
プロジェクト番号P06023
部署名機械システム部
和文要約 本事業では高齢者対応コミュニケーションRTシステムの実現形として、音声コミュニケーションよってバイタルデータ(生体情報)および問診結果を取得し、これらのデータを自動で解析することで、健康維持のためのアドバイスを提供する「在宅健康管理支援システム」を開発した。
 高齢者に対してはこれまでの在宅健康管理システムにおいて問題となっていた「使えない」「使い続けられない」問題に対し、音声対話とRTマスコットによるコミュニケーションRTによって解決する方法を提案し、2度にわたる一般高齢者を対象とした長期在宅実証実験によって、健康意識の高いユーザであればITリテラシに乏しい高齢者であっても1ヶ月間の利用が可能である事を示した。またシステム利用時の音声の韻律情報から健康状態を推定する新技術領域を開拓した。
 さらには、主な開発メンバーに医師を交え、その知見を組み込むことでシステムの信頼性を高めるとともに、本システムを利用して昨今の医療現場で問題となっている非効率な医療体制を解消する方法論とそれを実現する医療機関向け健康状態解析要約ソフトのプロトタイプを構築した。
 構築したシステムにはハードウェア、ソフトウェアの両面での改善の余地があることがモニタ試験からも明らかになっている。今後は、開発したプロトタイプシステムをベースにユーザ評価とシステム改良の開発サイクルを回すとともに、サービスの実施体制の構築や、市場調査結果を踏まえてのシステム導入コスト削減の実現方法の検討を推し進めることで、3年後の事業化を目指したシステム開発を進めていく。
英文要約”Home Health Monitoring/Support System” was developed in this project, which realized a concept of Communication RT System for elderly people, to provide advice for health maintenance based on the vital data (biological information) and results of a medical interview acquired though voice communication.
The system solved problems the traditional Home Health Monitoring System had such as “user-unfriendly” and “unwilling to use continuously” through application of communication RT with voice interaction and RT Mascot for the elderly. A long-term demonstration experiment at home conducted twice with general elderly people as subjects found out those health-conscious users can continuously use the system for one month even if they are elderly people with poor information technology literacy. In addition, a new technical area was created; the health conditions of users were estimated from their prosodic information of voice upon use.
Moreover, the reliability of the system was improved with medical knowledge having a doctor as a main member of the development team while a methodology of resolving inefficient medical system, which becomes problematic in recent medical practice, and a prototype of health condition analysis summary software for medical organizations to achieve that methodology was constructed.
A monitoring test showed that the system still needs improvement in both hardware and software. The development cycle will be promoted based on the user evaluation and system improvement with the prototype system currently developed, and the system will be further advanced aiming for commercialization in three years through construction of a service implementation system and examination of a cost reduction method upon introduction of the system.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る