成果報告書詳細
管理番号20110000001200
タイトル*平成22年度中間年報 生活支援ロボット実用化プロジェクト 安全技術を導入した移動作業型(自律が中心)生活支援ロボットの開発 安全技術を導入した生活公共空間及びビルの移動作業型ロボットシステムの開発
公開日2011/10/12
報告書年度2010 - 2010
委託先名富士重工業株式会社
プロジェクト番号P09009
部署名機械システム部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1. 研究開発の内容及び成果等
(1) 研究開発の背景と目的
富士重工業は、オフィスビルの清掃ロボットシステム、連結式容器交換ロボットの実用化と販売を進めており、数々のオフィスビル、空港、工場等に納入している。これらのロボットは、人との共存を極力避けるような時間帯や、建物の共用部等限られた部分での運用としていた。
しかし、作業者不足、セキュリティの問題、清掃単価の上昇等により、事務所内等の専用エリアの清掃作業や、ビル内で排出されるゴミの収集と分別課金、さらにゴミのCO2 換算までもが自動化されることが求められている。また近年は、建物の清掃品質が欧米並またはそれ以上であることが求められている。
駅においては、従来の駅の概念と異なり、生活用品、食品を販売し、さらに銀行等の社会インフラまでも含むショッピングセンターとなってきている。これは、空港や高速道路のサービスエリアの有効活用法の1つでもある。富士重工業は、このような人々の生活の中心となる施設が集中し、常に不特定多数の人々が往来する空間を「生活公共空間」と呼ぶ。この空間における清掃品質は従来の駅のレベルをはるかに超えており、清掃面積も広域である。そのため人と共存しつつ、昼間に清掃せざるを得ない。
オフィスビルの事務所等の専用部は、廊下、エレベータホール等の共用部よりも清掃面積が大きく、多大な労力を必要としている。しかしセキュリティや作業者の信用度の問題もあり、清掃単価は高い。共用エリアでも、夜間は作業者の確保が難しく、同様にセキュリティの問題もあるため、人と共存する昼間清掃に移行しつつある。
また、派遣切り等があるとは言え、日本は少子高齢化であり、一般清掃のような機械化できる作業は機械化(ロボット化)し、人的資源を有効活用しなければならない。現在、清掃作業員は不足しており、作業者の確保が非常に難しくなってきている。そのため清掃品質の向上、清掃単価低減、ゴミの収集コスト低減等、夜間作業だけでなく、人と共存した昼間における清掃、ゴミ収集等の機械化(ロボット化)は必須の課題となる。
上述した背景に対して、本プロジェクトでは、生活支援ロボットとして産業化が期待される清掃ロボット等を対象に策定、技術開発、実環境での試験による安全技術の開発及び実用化等を目的とする。
英文要約Title:Project for Practical Application of Service Robots / Development of autonomously controlled mobile servant robots based on safety technology / Development of mobile servant robot in living public area and building based on safety technology(FY2009-FY2011)FY2009 Annual Report (1)Risk assessmentFHI (FUJI HEAVY INDUSTRIES) executed risk assessment based on way of Aichi Expo, which was taught by the research safety guide line team. The risk assessment includes the GMP(Good Manufacturing Practice), design and management inspection of Air conditioning facilities of hospital, and risk assessment of chemicals and dust. FHI made a document of risk assessment of Indoor Cleaning Robot AV-S2. The document refers the result of collision examination which is executed by FHI. And FHI submitted the document to the group1. Also FHI executed a risk assessment based on ISO13849-1:2006 and completed the concept verification of Indoor Cleaning Robot AV-S3, and submitted those documents to the concept verification working group. FHI discussed with the group, and decided to execute risk assessment based on ISO13849-1:1999. (2)Cooperation with group1 FHI attended the several conference, committee, and working group, and researched the robot with the members of committee at FHI booth of 2009 International Robot Exhibition. (3)Examination of Safety System FHI attended the Safety Seminar hold by safety parts maker, and audited the concept of safety based on international safety standards, way of risk assessment, and strategy of safety. In safety circuit, FHI robot has the system that intercepts the power of driving motor in emergency. In addition, FHI is researching safety relay, safety contactor, and safety system with safety parts maker. The emergency switch of small type cleaning robot has been already changed to safety standard type. (4)Technology of driving stability FHI developed the safety driving technology. The robot can detect danger areas like a down stairs and grass door by detect the S pole magnet set at near those area. And when the robot detects the S pole magnet, the robot intercepts the power of driving motor and stop surely. FHI developed the straight control and spin turn control by triangular surveying sensor. Robot can detect the self position and direction by triangular surveying sensor and reflector pasted wall and pillar. Triton Square Office Tower Y was offered as a verification field by Sumitomo Corporation. Then, verification of safety and examination started on March. Also FHI developed the Cleaning Robot for toilet. This robot has side brush, mop, drop washing water device and polish the floor of toilet. Kakegawa Parking Area was offered as a verification field by Central Nippon Expressway Company Ltd. Then, verification of safety and examination started on March. (5)Automatic elevator system with human FHI examined specification of the system, and announced “Inspectional guideline of elevator to enable operation of the service robot that use elevator with human”at 2009 International Robot Exhibition. (6)Technology of safety factor FHI developed detect self position technology by magnetic pin. FHI held examination of the technology with use of towing container robots in packing line of factory of TSUMURA & CO.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る