成果報告書詳細
管理番号20110000001330
タイトル*平成19年度中間年報 「革新的次世代低公害車総合技術開発/革新的後処理システムの研究開発」
公開日2011/10/12
報告書年度2007 - 2007
委託先名日産ディーゼル工業株式会社 学校法人早稲田大学
プロジェクト番号
部署名省エネルギー技術開発部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1. 研究開発の内容及び成果等 (1)SCRシステムとDPFシステムの組合せによる、NOx,PM低減システムの開発 (日産ディーゼル工業株式会社、東京濾器株式会社) 平成16~18年度に引き続き、SCRシステム及び、DPFシステムの改良を進め、両システムの組み合わせによる、NOx,PM低減システムの開発を進めてきた。 (1) SCR触媒システムの改良 下記の改善項目を実施し、SCR触媒システムにおいて、開発目標である、NOx浄化率90%を達成した。
英文要約Title:Innovative Next Generation Eco-Friendly Vehicle Synthesis Technical Development.
Objective:
  Development of new after treatment system that can reduce NOx and PM simultaneously for diesel exhaust gas.
Project:
 Combine the Urea-SCR (Selective Catalytic Reduction) system and the CR-DPF (Continuously Regenerating Diesel Particulate Filter) for reducing NOx and PM simultaneously. There are quite effective for reducing NOx and PM each other. And solve the technical issues in the systems each other and occurred by combinations.
  And we will search the new system not only the combination of Urea-SCR and CR-DPF, but also new concept system, for example a DPF that can reduce NOx too, for reducing pollutant gas and secure loading capacity indispensable for commercial vehicles.
  Furthermore we tried to calculate for chemical reactions about the Urea-SCR system and the CR-DPF system to help of their catalyst design.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る