成果報告書詳細
管理番号20110000001363
タイトル平成22年度成果報告書 住宅・建築物高効率エネルギーシステム導入促進事業(BEMS 導入支援事業)平成17~20年度補助事業者の実施状況に関する分析」
公開日2011/10/19
報告書年度2010 - 2010
委託先名株式会社日建設計総合研究所 株式会社システック環境研究所
プロジェクト番号P99045
部署名エネルギー対策推進部
和文要約本調査の目的は、BEMS導入による省エネ効果をまとめ、公表することによって民生部門(業務)の省エネルギー化を図ることにある。平成17~20年度の補助事業者158件を調査対象とし、補助事業者から収集した平成21年度の実施状況報告書等のデータを解析して補助事業全体動向や年度比較、省エネ効果の傾向とその要因などをまとめた。
調査結果の概要は以下のとおりである。 1.補助事業全体の省エネ効果は、H21年度実績で12.1%となり、計画値4.2%以上の省エネ率を達成した。 2.CO2排出削減量は約12万t~CO2/年、削減率は12.3%であった。 3.建物用途別の省エネ率は、学校、集会所の省エネ率が20%以上と高い結果となった。 4.運用実態把握のためのBEMSのデータチェックの頻度が高い事業者ほど省エネ率が高い結果となった。BEMSを活用した定期的な運用改善により高い省エネルギーの実現が可能であることが示された。 5.これからのBEMS活用提案として、「適切なエネルギー管理」のためのBEMS活用、「無駄を省く」ためのBEMS活用、「改善する」ためのBEMS活用方法を提言し、今後の省エネルギー施策に寄与できる知見を提示した。
英文要約This report is aimed to reduce energy consumption of buildings by publishing the effectiveness of the BEMS (Building Energy Management System). The investigation objects were 158 entrepreneurs that were subsidized from 2005 to 2008 fiscal year, analyzing the data of the execution condition report in 2009 fiscal year etc. collected from entrepreneurs, and arranging the results which included the tendency and its cause of trend of the entire supplementary project, fiscal year comparisons and the energy-saving effects.
The outline of the investigation result was as follows: 1. The effect of energy-saving of the entire project became 12.1% in 2009 fiscal year, which meant to have achieved a higher effect than the estimated value before project, 4.2%. 2. The reduction volume of CO2 emission was approximately 120,000 t-CO2 per a year. The reduction rate of CO2 emission was 12.3%. 3. The energy-saving rate of the school, assembly hall was over 20%. 4. The energy-saving rate and the cost-effectiveness of entrepreneurs who check and analyze the measured value and execute the performance verification conference, were high. 5. As use of BEMS in the future, BEMS to manage energy appropriately, to use economy and to improve energy use was proposed, the knowledge that was able to contribute to the energy conservation measure in the future was shown.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る