成果報告書詳細
管理番号20110000001505
タイトル平成22年度成果報告書  平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08A20020c 立方晶窒化ホウ素コーティングを用いた難削材用ワイドユース超硬工具の開発 平成22年度中間
公開日2011/10/12
報告書年度2010 - 2010
委託先名九州大学堤井君元
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約超硬合金基材上に窒化ホウ素と物理化学的親和性の良い金属中間層を形成する工程を制御し、金属中間層の特性を制御することによって、得られるcBN膜の密着性と結晶性がさらに向上することを見出した。基材の化学処理や金属多層膜では、金属中間層をしのぐ膜密着性は得られなかった。一方膜の形成後、真空アニールを行うことで、膜の密着性が向上することを見出した。膜のナノスケール硬さは、バルク材並みの高い値であること、また膜の磨耗特性は、既存の硬質膜よりも優れていることを確かめた。
英文要約We improved the adhesion of cBN films on cemented carbide substrates by controlling the properties of metal buffer layers, which are physically and chemically compatible with boron nitride. However, we could not improve well the adhesion of cBN films by chemical treatments and insertion of multi metal buffer layers. The adhesion of the films was found to increase by vacuum annealing of the film after deposition. The nanoscale hardness of the film was as high as that of the bulk material and the abrasion characteristic of the film was superior to an existing hard film.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る