成果報告書詳細
管理番号20110000001516
タイトル平成22年度成果報告書 平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08B38006a 二ホウ化マグネシウム超電導線材を用いた液化水素用液位センサおよび送液ポンプの要素技術開発研究とそのシステム化研究 平成22年度中間
公開日2011/10/12
報告書年度2010 - 2010
委託先名九州大学柁川一弘
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約2種類のCuNiシースMgB2試料線材における抵抗の温度依存性を評価した。この試料線材を用いて超電導式液位センサを試作し、液体ヘリウム中で動作模擬試験を実施した。その結果、前年度までに解明した常電導部の自動生成現象により、ヒータ不要の簡便な構造をもつ液位センサを実現できた。前年度までに解明した固定子巻線用MgB2線材の交流損失特性に基づき、より低損失を実現可能な新しい線材構造を提案した。有限要素法を用いた数値解析により、新構造線材の優位性を確認した。液位センサと超電導モータを組み合わせた送液ポンプシステムを構築するために、超電導モータ単体の負荷試験およびインペラを取り付けた場合の流動負荷試験を実施した。その結果、超電導モータの最大同期トルクが入力電圧により制御可能なことがわかった。また、インペラによる流動負荷は非常に小さいこともわかった。
英文要約The temperature dependence of resistance in two kinds of MgB2 sample wires with CuNi sheath was evaluated. Superconducting level sensors were fabricated using these sample wires, and their operations were simulated in liquid helium. As a result, the simple level sensors without heater were realized on the basis of automatic development of normal zone. A new architecture of MgB2 wire for stator winding with low AC loss was proposed. The availability of the proposed type of wire was validated with a finite element method. For the purpose of establishing a pump system composed of level sensor and superconducting motor, the load tests for fabricated motor were carried out. It was found that the maximum synchronous torque could be controlled by the input voltage. The fluid load of liquid helium was also evaluated.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る