成果報告書詳細
管理番号20110000001589
タイトル*平成22年度中間年報 次世代ロボット知能化技術開発プロジェクト 移動知能(社会・生活分野)の開発 移動知能(社会・生活分野)の研究開発
公開日2011/10/19
報告書年度2010 - 2010
委託先名セグウェイジャパン株式会社 国立大学法人東北大学 国際レスキューシステム研究機構 国立大学法人京都大学
プロジェクト番号P08013
部署名機械システム部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1. 研究開発の内容及び成果等
1~1.研究開発の目的
今後,我が国が直面する少子高齢化,労働力不足といった諸課題を踏まえると,人間共存環境を含めた実環境で活動するロボットの需要はますます拡大が期待される.しかしながら,現状ではロボットが実用化できる用途や使用条件は限定的であり,このような状況を打破するため,確実性を持った自律的な活動に必要な知能化技術の開発が求められる.したがって,これまで開発されてきた高性能センシング等の要素技術を十分に活用しつつ,知能化技術の研究開発を重点的に推進することで,より幅広い用途と人間共存環境での次世代ロボットの実用化に繋げるため,生活空間や多品種少量生産の製造現場など状況が変わりやすい環境下において,ロボットが確実性を持って自律的に活動するため,機能の高度化に必要な知能化技術を開発し,自律的な次世代ロボットの要素技術を確立する.
英文要約Title:Intelligent RT Software Project. An intelligent electric mobility system for standing ride with integrating autonomy and manual control (FY2008-FY2011) FY2010 Annula Report
Our group aims at development of an intelligent electrical mobility system, for riding in a standing posture, which conveniently integrates the autonomous and manual control modes. We consider two-wheeled mobile systems as our development platform. This software architecture being used for the development is based on the RT-Middleware. The software modules developed using the RT-Middleware, offer increased safety, flexibility and convenience in designing mobile systems. The mobility features resulted out of using these modules can be used for "Business Applications" (ex. security of a building) as well as for "Amusement Applications" (ex. tour guide in an amusement park). The availability and benefits of these modules are expected to encourage use of the RTM framework and RT-modules based system integration. Our current focus is to develop software modules related to "autonomous navigation", "obstacle detection", "formation of multi-robots" and "localization and map management". During the year 2008 - 2011, we designed and implemented preliminary versions of these modules.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る