成果報告書詳細
管理番号20110000001124
タイトル*平成22年度中間年報 「がん超早期診断・治療機器の総合研究開発/超早期高精度診断システムの研究開発:血液中のがん分子・遺伝子診断を実現するための技術・システムの研究開発 血中分子・遺伝子診断のための基礎技術の研究開発(癌マーカー細胞群の濃縮・検出・培養技術の確立とその診断応用)」
公開日2011/11/23
報告書年度2010 - 2010
委託先名株式会社オンチップ・バイオテクノロジーズ 国立大学法人東北大学
プロジェクト番号P10003
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1.研究開発の内容及び成果等 (1)要約 本プロジェクトでは、血液検査による転移がんの早期発見と患者に最適ながん治療を提供することを目的として、以下の開発を実施している。 一定量の末梢血に含まれるCTC(Circulating Tumor cell) を濃縮後に、使い捨てチップで検体間クロスコンタミネーションフリーかつサンプル全量測定可能なフローサイトメータにより、血液中CTC数を正確に評価し、測定後回収したCTCの細胞診断までを行う技術開発を目的としている。今年度の主な進捗内容は以下の通りである。
1 CTC検出前処理プロトコル確立:施設間誤差を解消するためにCTC前処理プロトコルを改良中。 2 各種培養癌細胞株での検証:細胞の凝集性によって検出効率が異なることが判明し、凝集によらない細胞数の評価方法を開発中。
3 装置の試作と改良:CTC検出装置のレーザーの改良により、CTC検出用蛍光感度を向上。
英文要約The objective of the project is to develop a sensitive and noninvasive tool for the early diagnosis of cancer metastasis, and therefore to provide the optimum treatment options to the cancer patients. Expectation is high for CTC detection from patients’peripheral blood and we believe utilization of our Fishman-R flow cytometer holds a key to achieve our goal. This flow cytometer features the system that allows us to measure the whole volume of enriched samples in a cross-contamination free manner on a disposable chip.
The achievements FY2010 are as follows;
・Establishment of the preprocessing procedure:
Improving the protocol for the preprocessing in order to reduce the interoperator variability is underway.
・Evaluation of the established detection method using a variety of cultured cell lines:
We found that the sensitivity in detecting cancer cells spiked into normal peripheral blood was dependent on the levels of cell aggregation. Improvement in enumerating cancer cells regardless of the levels of cell aggregation is under development.
・Mechanical improvement:
The sensitivity issue of the low fluorescent signals were solved by improving the laser unit in the detection system.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る