成果報告書詳細
管理番号20110000001159
タイトル平成21年度~平成22年度成果報告書 「省エネルギー革新技術開発事業 実用化開発 内航船の環境調和型運航計画支援システムと陸上交通情報連携に関する実用化研究開発」
公開日2011/11/9
報告書年度2009 - 2010
委託先名一般財団法人日本気象協会 国立大学法人東京海洋大学 独立行政法人海上技術安全研究所 公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会
プロジェクト番号P09015
部署名エネルギー対策推進部
和文要約 ITS等の活用により、海陸の情報連携システムを構築し、国内の長距離輸送について陸上輸送から、より環境負荷の小さな海上輸送へとモーダルシフト等を促進することにより、海陸一環の物流効率化を図り、荷主、運送事業者等のエネルギー消費量の削減(CO2排出量削減)を可能とする。そのため、一般財団法人日本気象協会、国立大学法人東京海洋大学、独立行政法人海上技術安全研究所、公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会は、協同で、海陸輸送における速度、積載効率等運航実態に即した環境負荷(CO2排出量)を評価するモデルを開発し、このモデルを基に輸送開始時刻、場所、輸送量等の情報を入力すると選択可能な海陸一貫輸送経路毎の経路毎の環境負荷、輸送時間、コスト評価結果を一覧表示するシステム開発を行った。さらに本システムを代表的な物流パターン、(1)北海道から関東への長距離トラックに関する海路選択、(2)東アジアから関東へのコンテナ輸送に関する海路選択、について適用するとともに、トラックと船舶に搭載した車載機、船載機の動態管理情報とVICS情報等の道路情報とを組み合わせた海陸一環の物流支援システムのプロトタイプを構築して実証実験を行い、その省エネ効果を検証した。(1)北海道から関東の輸送経路に関しては、7時間の輸送時間の増加でCO2排出量を最大40%削減出来ることを明らかにするとともに、トラック運行情報と定期船運航情報とを連携して短距離から長距離のフェリー輸送に上手にシフトすることにより、荷主の納入希望日時を守りながら、常用ルートの35%のCO2排出量削減が図れる例を実証した。また、(2)東アジアから関東の輸送に関しては、空路に比較し2日程度のリードタイム増を許容できれば、関東まで海路を利用でき96%ものCO2排出量削減効果が期待できることを明らかにするとともに、実際に当該輸送を行うことで実行可能性を示した。これらにより、開発システムが国内から東アジアまでの幅広い輸送に対し、モーダルシフトによる省エネの新たな可能性を生み出し得ることを実証した。
 実証実験においては、陸上輸送については既存のトラックの車載機を搭載した運行管理システムを活用し、海上輸送計画・運航管理技術については、2006~2008年に実施した、先導研究「内航船の環境調和型運航計画支援システムの研究開発」の成果を用いて実用化にむけた環境調和型運航計画支援システムを構築し対応した。なお、実用化ベースにおいても、先導研究と同様の、船舶の燃料消費量について配船計画で7%低減、最適運航計画で3~5%低減(配船計画と連携した減速運航を含めた場合15%低減)を達成した。
英文要約 In order to achieve a sustainable society, reduce greenhouse gases, has become a social demand to prevent global warming. "To halve by 2050 compared to the current greenhouse gas emissions" in order to achieve long-term goal formulated cool earth energy innovations technology plan, in this plan "putting ITS into transportation and logistics, improve Environmental energy efficiency," was prepared.
The shipping is environmentally friendly and inexpensive mass transportation modes, and modal shift from tracks to ships are very effective in reducing CO2 emissions. Using of ITS information, to develop a system for carrying together sea and land transportation information, will promote modal shift to more efficient marine transportation from land transport for domestic long-distance transportation. If promoting the Land and Sea logistics, carriers, shippers will be able to reduce energy consumption (CO2 emissions).Building a prototype of Land and Sea logistics support system based on link of land and sea transportation information, and applying the support system to a typical land and sea transportation cases (Hokkaido-Kanto district and Shanghai - Kanto district), and we confirmed the effectiveness. Issues to be considered were investigated.
In this experiment, utilizing the land transport management system equipped vehicle monitoring system with existing track and equipped vessels with navigation planning support system which was developed advanced research "Environmental Friendly Operation Planning Support System for Coastal vessels" from 2006 to 2008. Also, we put the navigation support system into practical use, which was developed advanced research. Reduction of FOC(Fuel Oil Consumption) is estimated by demonstration experiments,6% FOC reduction by ship allocation support system, 3-5% FOC reduction by ship weather routing and 15% FOC reduction by ship speed control support system as almost same as advanced research.
Japan Weather Association (JWA), Tokyo University of Maritime Science and Technology (TUMSAT), National Maritime Research Institute(NMRI) and Japan Institute of Logistics Systems(JILS) were conducted, cooperated with advisory committee, from 2009 to 2010 " Development of practical applications on Environmental Friendly Operation Planning Support System for Coastal Vessels and Intelligence ties to Land Traffic". We would like to report fruits of our research and development.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る