成果報告書詳細
管理番号20110000001329
タイトル平成19年度~平成20年度成果報告書 「革新的次世代低公害車総合技術開発/革新的後処理システムの研究開発」
公開日2011/11/9
報告書年度2007 - 2008
委託先名日産ディーゼル工業株式会社
プロジェクト番号P04013
部署名エネルギー対策推進部
和文要約ディーゼルエンジン排出ガス中のPM及びNOxを同時に低減する、新しい排出ガス浄化システムを開発した。NOxとPMの同時低減のため、NOx低減に効果がある尿素SCRシステムとPM低減に効果がある連続再生式DPFシステムを組み合わせ、組み合わせにより生じた技術課題の解決に取り組んだ。更に既成技術の組み合わせだけでなく、DPFにSCRの機能も併せ持つ、新しいコンセプトによるNOx、PM同時低減手法を探査し、排ガスの低減と商用車に不可欠な搭載性の両立を狙った。新しいコンセプトの触媒開発、触媒の低温活性向上、エンジン改良への取組み及び尿素水添加制御の最適化によりJE05モードにおいてNOx浄化率90%を達成した。
英文要約Title: Innovative Next Generation Eco-Friendly Vehicle Synthesis Technical Development -Research and Development of an Innovative Aftertreatment System (FY2007-FY2008)
Development of new after treatment system can reduce NOx and PM simultaneously for diesel exhaust gas. Combine the Urea-SCR system and the CR-DPF for reducing NOx and PM simultaneously. There are quite effective for reducing NOx and PM each other. And solve the technical issues in the systems each other and occurred by combinations. Furthermore we will search the new system not only the combination of Urea-SCR and DPF, but also new concept system, for example DPF that coated SCR. As a result, SCR catalyst was improved low temperature activity. NOx conversion rate was improved 90% at JE05 test cycle. The DPF that coated SCR catalyst had more than 90% of NOx conversion and PM reduction at JE05 test cycle.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る