成果報告書詳細
管理番号20110000001360
タイトル*平成22年度中間年報 「基礎研究から臨床研究への橋渡し促進技術開発/橋渡し促進技術開発/細胞シートによる多施設臨床研究を目指した基盤システムの構築」
公開日2011/11/23
報告書年度2010 - 2010
委託先名国立大学法人大阪大学医学部付属病院 国立大学法人東北大学 学校法人東京女子医科大学 川崎重工業株式会社 株式会社セルシード
プロジェクト番号P07022
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1.研究開発の内容及び成果等
(1) 細胞シートによる心筋再生治療法の普及に向けた研究開発
(実施体制:大阪大学~共同実施 テルモ株式会社、大阪大学~共同実施 千葉大学、東京女子医科大学、株式会社セルシード)
(1) —1 心筋再生細胞シートの規格化
筋芽細胞純度と成長因子分泌量を指標とし、細胞純度条件や、細胞シートの剥離条件、細胞シート保存条件等で、成長因子分泌量との相関について検討した。特に、血管新生に関連する成長因子の発現について、細胞純度と相関する因子の存在が明らかとなった。
(1) —2 心筋再生細胞シート輸送・保存技術開発
筋芽細胞を単離する筋肉組織を細胞培養施設まで輸送する際の条件、環境、形態、輸送方法、輸送可能時間について検討を行った。さらに輸送に適した細胞形態、特に細胞シート状態での環境条件、輸送方法、輸送可能時間について検討を行った。筋肉組織、細胞シートで24時間保存可能な条件を見いだした。
(1) —3 心筋再生細胞シート移植技術開発
平成21年度では、移植用具として細胞シートが扱えるナイロンメッシュについて医療機器レベルの安全性を確認するとともに、最適なナイロンメッシュの形態、強度等について検討を行った。さらに、細胞シートの表面にフィブリンゲルを支持膜として塗布する事で、ハンドリングの向上を達成し、移植手技の簡素化を可能とした。
平成22年度では、フィブリンゲルを塗布した細胞シートを対象に、術中の狭い切開面積において細胞シートを簡便に取り扱うことのできる移植用治具の開発を開始した。具体的には、拍動する心臓の上での細胞シート固定(縫合)に適したスリットを有するヘラ状の治具の試作を行った。また、心臓に吸着させることで細胞シートを患部に固定できる治具の設計および形状試作も行った。
(1) —4 多施設臨床研究のための実証研究
ヒト組織を移動して加工するための倫理的問題が解決された場合には、ヒト検体を実際に使用して、組織の輸送、単離・培養、返送、移植という一連の流れを行なう。本年度は、ブタ筋肉検体を実際に、用いて輸送実験を行った。具体的には、東京女子医科大学で採取されたブタ筋肉組織を大阪大学へ輸送後、筋芽細胞を単離・細胞シート作製、再度東京女子医科大学へ輸送し、移植実験を実施した。
英文要約Title; Translational Research Promotion Project for Multi-center Clinical Research of Regenerative Medicine using Cell Sheet Engineering
Author; Osaka University, Tohoku University, Tokyo Women’s Medical University, Kawasaki Heavy Industries, Ltd., CellSeed Inc.
We have developed a novel strategy for regenerative medicine to recover tissue functions by using temperature-responsive cell culture surfaces. We have also begun clinical research of myoblast sheet transplantation for sever heart failure and corneal epithelial cell sheet for ocular surface disease. In order to standardize and spread the regenerative medicine using cell sheet engineering, it would be required to develop the validation, preservation and transportation method for these cell sheets. In this project, we aimed to develop basic technology for multi-center clinical research of regenerative medicine using cell sheet engineering.
1. Research and development for spread of myocardial regeneration therapy using myoblast sheet.
We have succeeded in isolated myoblast from muscle tissue stored at 4 degrees Celsius for 24 hour, and decided the condition of preservation. Moreover, we have succeeded in preservation of myoblast sheets stored at 20 degrees Celsius for 48 hour.
We have succeeded in improving the mechanical properties of cell sheets by spraying fibrin, and then the development of medical devices manipulating the fibrin gel-coated cell sheets has been started. In our practical trial, spatula-like devices, which can be manipulated cell sheets stably and be suitable for minimum operating area at cardiac surgery, were fabricated. At the same time, new devices that can be closely held cell sheets on the surface of affected area were designed, and the fabrication of some prototypes were carried out.
 We have performed the transport experiment of the myoblast cell sheets manufactured in Osaka University to Tokyo Women’s Medical University.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る