成果報告書詳細
管理番号20110000001464
タイトル*平成22年度中間年報 「後天的ゲノム修飾のメカニズムを活用した創薬基盤技術開発」
公開日2011/11/23
報告書年度2010 - 2010
委託先名エピゲノム技術研究組合 国立大学法人東京大学
プロジェクト番号P10005
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1
研究開発の内容及び成果等
1)
研究概要
本プロジェクトは、エピゲノム修飾を標的とした、癌の診断及び治療法開発のための基盤技術の開発を行うものである。特に、後天的ゲノム修飾の中心であるヒストン修飾の制御に重要な機能を持つ、メチル化・脱メチル化酵素ファミリーの中より創薬標的分子を同定し、構築した基盤技術の有用性、妥当性を検証することが目的となる。
研究開発項目は、「後天的ゲノム修飾解析技術開発」を目的として、(1)後天的ゲノム制御に関わるヒストン修飾等についての高感度かつ網羅的な解析技術の開発を行うため、4項目の研究開発を行い、また、(2)エピゲノム情報解析基盤技術の開発を行った。「後天的ゲノム修飾と疾患とを関連づける基盤技術開発」を目的として、(1)後天的ゲノム修飾と疾患とを関連づける基盤技術の開発として6項目の研究開発を行った。さらに、「探索的実証研究」を目的として、(1)後天的ゲノム修飾を再現性よく定量的に解析するハイスループットアッセイ技術の開発及び(2)探索的実証研究を行った。
英文要約Title: Technology development for drug discovery platform based on the epigenetic mechanism (FY2010-FY2015)FY2010 Annual Report
The aim of this project is to establish various novel technologies for the acceleration of diagnostic and drug discovery based on epigenomic modifications in cancer. The research has been promoted to identify the target molecules involved in regulating histone modification, either methylation or de-methylation, and also to validate the utility of the newly developed technologies. The major research results in FY2010 are summarized as follows; (1)Technology development for comprehensive analysis of epigenetic modifications: To develop the highly-sensitive analysis of epigenetic modifications, we tested the high-density 450K epigenotyping array and modified the ChIP (chromatin immunoprecipitation) -sequencing protocols to evenly amplify the small amount of ChIP’ed DNA with modification-specific monoclonal antibodies. Furthermore, the method has been developed to analyze the combination of more than 50 chemical modifications on the histone H4 tail.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る