成果報告書詳細
管理番号20110000001468
タイトル*平成21年度中間年報 個別化医療の実現のための技術融合バイオ診断技術開発/染色体解析技術開発/日本人BACを用いた革新的染色体異常解析基盤技術の開発
公開日2011/11/23
報告書年度2009 - 2009
委託先名独立行政法人産業技術総合研究所
プロジェクト番号P06012
部署名バイオテクノロジー・医療技術開発部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1. 研究開発の内容及び成果等
2001 年のヒトゲノム塩基配列ドラフト公開からゲノム配列を基にした診断あるいは創薬に関するポストゲノム研究開発が開始された。これらは個人のゲノム情報によりそれぞれのゲノムの特質に応じた治療を目指したことから個別化医療と呼ばれ、副作用の少ない効率的な創薬を目指した。特に急速な超高齢化社会が予想されるわが国においては医療に係わる費用の削減は大きな政策目標である。3 大成人性疾患とされる癌、糖尿病、循環器病のうち、ゲノムレベルで発症することが確定しているのは癌であり、若年性癌の発症による社会的負担は大きい。
したがって先端技術開発による癌の診断および治療は大きな意義がある。当該プロジェクトでは染色体レベルの大きな異変が癌、特に胃癌・肺癌・大腸癌・乳癌等の予後の悪い固形癌に多発することから、染色体レベルで癌の悪性度を診断し、治療へと生かすシステムの開発を行うものである。
英文要約Development of innovative fundamental technologies based on a Japanese BAC Library to analyze chromosomal aberrations.
Construction of Tiling Array Based on Japanese BAC Clone Library
(National Institute of Advanced Industrial Science and Technology)
(1) Construction of Japanese Genome Library: 33,000 Clone BAC(Bacterial Artificial Chromosome) library was constructed from blood cells of a boy, which was genetically proved as a Japanese. The both terminal ends of each BAC were sequenced by capillary sequencer, and mapped by the Basic Local Alignment Search Tool of NCBI, NIH. The obtained physical map covered more than 90% of the entire NCBI human genome Ver36.2. One of the BAC clone was shot-gun sequenced by capillary as well as next generation sequnencer, and proved to be different from the correponding NCBI, Caucasian human genome, structual and SNP level.
(2) Construction of Tilling Array based on Japanese BAC library: Based on the contigue map of AIST original Japanese BAC library, a tilling array was designed to minimize the total number of the BAC clone, by minimum number path (MNP) method. Total number of 17,000 BAC clones were spotted on one glass slide.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る