成果報告書詳細
管理番号20110000001491
タイトル*平成22年度中間年報 基礎研究から臨床研究への橋渡し促進技術開発/癌特異的抗原受容体改変T細胞の輸注とがんワクチンによる複合的がん免疫療法の研究開発
公開日2011/11/23
報告書年度2010 - 2010
委託先名タカラバイオ株式会社 国立大学法人三重大学 学校法人慶應義塾
プロジェクト番号P07022
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1. 研究開発の内容及び成果等
(1)~1.ベクターAを用いたTCR改変T細胞とペプチドによる臨床研究開発
(担当 タカラバイオ株式会社、三重大学、北野病院、大阪大学)
(1)~1~1.TCR改変T細胞の薬理活性及び安全性の確認
(担当 タカラバイオ株式会社、三重大学)
1)ベクターAの保存安定性試験・GMP製造、TCR 改変T 細胞の試験製造
ベクターAの4ロット目のGMP製造を行った結果、製造前後の環境試験結果は問題なく、製造は無事終了した。得られたベクターAの品質試験を行ったところ、ウイルスRNAタイター及び遺伝子導入効率(テトラマー陽性細胞率、プロウイルスコピー数)は過去のGMP製造品と同等以上であった。また、ベクターAの~40℃と~80℃における保存安定性試験を継続して行い、~40℃で6ヶ月保存の1ロット、~80℃で12ヶ月保存の2ロット、~80℃で24ヶ月保存の1ロットについてウイルスRNAタイターと遺伝子導入効率を計測し、安定であることを確認した。
英文要約Title: Development of comprehensive cancer immunotherapy utilizing adoptive transfer of tumor-specific TCR-engineered T cells and cancer vaccine (FY2010-2011) FY2010 Annual Report: 1-1. We have manufactured the 4th lot of GMP-grade retrovirus vector A. All 4 lots satisfied the standards for quality and safety. We confirmed the stability of these lots at most for 24 months on -80 °C. Utilizing TCR transgenic mouse model, we showed that stimulation of tumor-specific CD8+ T cells with CD4+ T cells increased the multifunctionality, in vivo survival, and anti-tumor effect of CD8+ T cells when used for adoptive immunotherapy. In the clinical trial, five patients were enrolled and one patient completed the trial. In this patient, neither adverse effects relating to the TCR-engineered T cell treatment nor risks relating to retrovirus, such as a reproductive retrovirus or clonality in transferred cells, were observed. Moreover, transferred T cells were detected in the patient’s peripheral blood more than 100 days both by PCR analysis on inserted vector and by specific tetramer.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る