成果報告書詳細
管理番号20110000001500
タイトル*平成22年度中間年報 基礎研究から臨床研究への橋渡し促進技術開発/橋渡し促進技術開発/自然免疫を刺激する次世代トラベラーズマラリアワクチンの開発
公開日2011/11/23
報告書年度2010 - 2010
委託先名国立大学法人大阪大学 一般財団法人阪大微生物病研究会 株式会社ジーンデザイン
プロジェクト番号P07022
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1. 研究開発の内容及び成果等
( 1 ) ヒト型C p G - O l i g o d e o x y n u c l e o t i d e ( C p G - O D N )アジュバントの最適化と作用機序解析
(アジュバントの研究開発)
各タイプCpG-ODN をそれぞれSE36 抗原とともにマウスへの投与し、(1)-1.マウスの系統、(1)-2.免疫の投与方法、(1)-3.抗原との重量、質量比などにより、アジュバント効果がどのように変化するかの検討を開始する。各タイプのヒト型CpG-ODN の作用機序の違いの解明のためマウスの遺伝学的なアプローチを用いた解析を開始する。また、ヒト型CpG-ODN のアジュバント効果の検討を継続し、最適な用量・用法等につき見極めを行う。マウスの遺伝学的なアプローチを継続し、免疫反応の解析なども行う事で、CpG-ODN の作用機序の解明にむけ知見の蓄積を行う。
<成果>
(1)-1.及び(1)- 2. これまで、抗原であるSE36、水酸化アルミニウムゲルアジュバント(Alminiumhydroxide gel; AHG)、およびCpG-ODN アジュバントの混合接種により、より高い抗SE36 抗体が誘導されることが、BALBcマウスおよびMacaca fascicularis (カニクイザル)を用いた非臨床試験により示されていた。これらで共通して用いられた用量は、抗原:AHG:CpG の質量比が1:10:50を基本とし、マウスにおいては抗原量を1.0μg、霊長類においては10μg と設定し、それぞれ接種時の用時調製法をとった。
英文要約Title: Development of 2nd generation traveler’s Malaria vaccine with adjuvant stimulating innate immunity (FY2009-FY2010) FY2009 Annual Report
We have conducted the following studies for developing the 2nd generation traveler’s Malaria vaccine with adjuvant stimulating innate immunity in the first year of this project. (1) Thirteen lines of mice were administered with SE36 recombinant protein with K type and D type CpGODN to address the adjuvant mechanism of these CpGODN in the different genetic backgrounds. Among the mice lines, BAL B/c mice showed 80 times fold increase of antibody titer with CpGODN, however A/J Jms did not respond to the presence of CpGODN. This finding is promising for further genetic analysis. (2) To establish the production procedure for CpGODN, we have evaluated three phosphorothioate reactions for the efficiency of production of molecule with full length and found one of them is suitable for the purpose.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る