成果報告書詳細
管理番号20110000001507
タイトル平成18年度~平成22年度成果報告 新機能抗体創製技術開発/系統的な高特異性抗体創製技術の開発/ICOS法を用いた癌治療用ヒト抗体単離技術開発
公開日2011/11/23
報告書年度2006 - 2010
委託先名学校法人藤田学園
プロジェクト番号P06009
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約 癌細胞膜表面に特異的に発現しているタンパク質(癌特異抗原)を標的にしたモノクローン抗体が単離され、癌治療薬として開発されている。本プロジェクトでは、多くの固形癌を対象として、網羅的に癌特異抗原を同定すると同時に、それぞれの抗原に結合するヒトモノクローン抗体を多数単離し、その中から癌治療に効果がある癌種~標的抗原~治療用抗体の組み合わせを見出す手段を確立することを目指した。第一段階は多くの癌細胞株を抗原にしたヒト抗体ファージライブラリー(AIMSライブラリー)のスクリーニングで、細胞膜上のタンパク質に結合する抗体の単離を実施する。このステップは、ICOS法の開発により可能となった。第二段階は手術で摘出したフレッシュ癌組織に対する免疫組織染色(IHC)で、癌特異的染色像を与えるクローンの選別である。この戦略は、多くの外科教室が本プロジェクトに参加したことから実施できた。第三段階は、癌特異的染色像を与える抗体がいかなるタンパク質を認識しているかを調べるもので抗原同定である。基本的には免疫沈降(IP)により抗原を精製して、マス解析(MS)により抗原を同定する。我々は、数百種類のモノクローン抗体について抗原を決定する必要があったが、GFC法及びSITE法を開発することにより、多数の抗体について比較的短時間で抗原決定が可能となった。その結果32種類の癌特異抗原の同定とそれぞれの抗原に特異的に結合555種類のヒトモノクローン抗体の単離に成功した。それぞれの抗体を用いた多くの癌組織に対する体系的なIHC解析、及び、IgG1として調製したのち行った抗腫瘍効果の解析を通して、かなり多くの抗体が癌治療用抗体としての条件を満たすとともに十分高い性能を持つことが判明した。今後いかなる形で臨床現場へ持ち込む道筋を確立するかが最大の課題である。
英文要約Title: Development of New Functional Antibody Technologies. Development of technology for isolation of therapeutic human monoclonal antibodies against cancers. (FY2006-FY2010) Final Report
Monoclonal antibodies (mAbs) recognizing proteins that are specifically present on the membrane of cancer cells have been isolated and developed as therapeutic Abs. In this project we tried to perform comprehensive identification of tumor-associated antigens (TAAs), isolation of human mAbs specifically bound to respective TAAs and development of therapeutic Abs against cancers. We adopted three-step strategy. First, by using a phage human Ab library (AIMS) we isolated a large number of Abs that bound to proteins present on the surface of cancer cells Development of a screening method ICOS enabled us to comprehensively isolate clones that specifically and strongly bind to the membrane proteins. At the second step, we extensively performed immunohistochemical (IHC) analyses using fresh cancer tissues resected from patients. We selected clones that showed cancer-specific staining patterns. Thirdly, we identified proteins recognized by the selected clones. The target proteins were purified by immunoprecipitation (IP) and identified by mass spectrometry (MS) analysis. Development of two methods, GFC and SITE, allowed us to treat many clones in a relatively short time. Thus, we succeeded in identification of 32 TAAs and isolation of 555 human mAbs that bound to respective TAAs.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る