成果報告書詳細
管理番号20110000001532
タイトル*平成22年度中間年報 「がん超早期診断・治療機器の総合研究開発/超低侵襲治療機器システムの研究開発/内視鏡下手術支援システムの研究開発
公開日2011/11/23
報告書年度2010 - 2010
委託先名産業技術総合研究所
プロジェクト番号P08006
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1. 研究開発の内容及び成果等
(2-2-1) 手術ロボット・ツールキット開発環境
<要約>
本事業で生まれたオープンソースソフトウェアOpenIGTLink を使った手術ナビゲーションソフトウェアの臨床前検証を行い, 機能する事を確認した. また, 実用化展開として,OpenIGTLink を組み込んだ製品が内外の関連企業により,発表されており,着々と成果の産業応用が広がりつつある.
< 受託概要>
本事業では,医療機器としての高い信頼性を担保しつつ,本邦の手術ロボット開発の将来的な基盤となる“ 手術ロボット・ツールキット”を開発する.ツールキットは制御など手術ロボットの中心的機能及びこれと密接に関連する手術計画作成機能などの周辺的機能との連携を行う“ ソフトウェアライブラリ” と, その開発・検証環境からなる.
開発されたソフトウェアライブラリはオープンソースの考え方に基づいて順次公開することとしている.
英文要約Research and Development Project of Intelligent Surgical Instruments (FY2008-2011) FY2010 Report
A-2-2 Surgical Robot Toolkit
OpenIGTLink, the major outcome of Intelligent Surgical Instruments Project, was successfully confirmed its performance by pre-clinical evaluation. OpenIGTLink has been already deployed into several commercial systems. These programs are downloadable from http://wiki.na-mic.org/Wiki/index.php/IGT-tool-box.
A-2-3-1 Surgical Control Center
We evaluated the accuracy of the critical events detection software by using video of neurosurgeries. From 8.5 hours of surgery scenes, the software detected 78% (by accumulated time basis) of the critical events compared to the experts visually marked. The false-positive rate was 0.7%. The system was extended to connect the critical event detection to the event log database system. The database / server system will be put public as a free open source program.
A-5-1 Safety evaluation
Infrastructure to examine part of electronically safety requirements (i.e. leakage, high-voltage tolerance) has been established. With the EMC test environment for anti-electrosurgical unit, a test-lab that is described in the R&D Guidance for "Navigation Aided Surgery" (METI 2008) has been established at AIST for other participants in this project.
We developed a cleanliness evaluation procedure for robotic surgical instruments. It could show that some remaining from blood could happen inside such instruments, although, we need further investigation regarding the acceptable allowance, etc.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る