成果報告書詳細
管理番号20110000001607
タイトル平成22年度成果報告書 研究協力事業 モンゴルの環境対策に向けた低品位炭の有効活用を目的とする開発支援研究協力事業
公開日2011/11/23
報告書年度2010 - 2010
委託先名株式会社双日総合研究所
プロジェクト番号P93048
部署名環境部
和文要約本事業の実施概要および研究成果概要は以下のとおり。本事業の主目的はモンゴルの環境対策に向けた低品位炭の有効活用にある。具体的には、高品質の乾留ブリケットの製造および品質管理基準の構築、乾留炭製造に伴う乾留ガスの性状分析と有効利用策の提案である。初年度は、主に日本製の実験乾留炉(石炭乾留時に発生する乾留ガスを炉内燃焼し乾留熱源とする環境配慮・省エネ型ロータリーキルン)をモンゴル国に輸出し、同国の共同研究パートナーであるマイニング研究所に設置するとともに、試験に用いるサンプル炭をモンゴル国にて調達し、原炭の分析を現地研究機関と協力し実施。また、乾留ガス利用を前提とした乾留実験の条件設定等の基礎とするべく、中国における石炭ガス化事業の現状調査を行った。さらに次年度準備として、マイニング研究所における乾留炭・乾留ブリケット・乾留ガスの研究体制構築、乾留試験に用いるモンゴル炭の炭種・乾留ブリケット製造に用いるバインダー候補の検討、乾留ブリケット試作に要する研究開発体制の構築、乾留ブリケット普及・乾留ガス研究の基礎とすべき諸課題調査等を進めた。本年度は、モンゴル炭に適合した乾留ブリケットの品質基準を定めるため、マイニング研究所との協働により、乾留炉の運転条件を含めて複数条件下でモンゴル産褐炭より乾留炭を製造し、乾留ブリケットを試作した。燃焼試験を行い、乾留ブリケットの適正揮発分を定めたうえで乾留ブリケットを製造し、ゲルストーブでのモニタリング調査を実施。ゲル住民への普及を念頭に、乾留ブリケットの実用化に向けた最適条件の検討および検証を行った。これらの結果を踏まえ、モンゴルにおける乾留ブリケットの適正な品質規格基準について分析評価を行い、モンゴル国政府に向けた提言をまとめ、マイニング研究所を主体とした諸機関との間で認識を共有することができた。また、乾留ガス分析に基づく都市ガス利用の可能性につき評価検討を行った。なお、本事業の実施を通じ、乾留ブリケットをはじめ、クリーン・コール・テクノロジー分野での高い技術を有するわが国が、モンゴル国と協働してモンゴル国における研究開発基盤として乾留炭製造実験炉およびガス化研究設備を構築できた。これと並行して、かかる研究開発を担うモンゴル国研究者への技術移転および研究人材育成を図り、相手国研究者の能力向上に貢献することができた。
英文要約The summary and achievements of the H21/22 two-year research is as below. The purpose of this research is to assist in the efficient use of low-grade coal to tackle the environmental problems of Mongolia. Specifically, it is the production of carbonized coal briquettes (CCB) of high quality and the development of its quality control standards. Another is to reveal the properties of carbonized gas which emerges during the production of carbonized coal and to propose its effective use. As for the first year, the central achievement was the exportation and installment of a Japanese Coal Carbonizing Plant (energy saving and environmentally friendly rotary kiln, which energy source is carbonized gas) to Mining Institute (MI): the Mongolian counterpart. Together with MI, Mongolian coal was analyzed to understand its features and studies were conducted to understand the status of China’s coal gasification business, with the assumption of utilizing carbonized gas. Moreover, arrangements were made for the second year such as the establishment of a research base for carbonized coal/gas and CCB, examination of Mongolian coal, binders for CCB, establishment of a R and D base for necessary for producing prototypes of CCB, research of carbonized gas, and the identification of key areas for further investigation for the widespread usage of CCB. As for this second year, various prototypes of CCB were produced with MI using various types of Mongolian coal and operational procedures of the Plant. Subsequently, the CCB went through combustion tests to define the optimum volatile matter. The CCB were then distributed to Gers to find out peoples’ views. The aim is the creation of the quality standards of CCB that best suits amongst the various types of Mongolian Coal for their widespread usage. In line, experiments were conducted whether the carbonized gas can be used as city gas. On the basis of the above findings, the best quality standards of CCB were proposed to the Government of Mongolia and shared with MI and other related institutes. Through this project, Mongolia and Japan, a country possessing high quality of Clean Coal Technology, not only collaborated in the production of CCB, but also in the establishment of a R and D base via the installement of a plant for producing carbonized coal as well as a gasification research facility. Moreover, this project contributed in the technical transfer and enhanced the capacity of Mongolian researchers engaged in the area of Clean Coal Technology.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る