成果報告書詳細
管理番号20110000001655
タイトル平成21年度成果報告書 「省水型・環境調和型水循環プロジェクト/水資源管理における海外企業のリスク管理技術等に関する調査」
公開日2011/11/23
報告書年度2009 - 2009
委託先名西村あさひ法律事務所 鹿島建設株式会社 メタウォーター株式会社
プロジェクト番号P09011
部署名環境技術開発部
和文要約これまでの上下水事業のほとんどは、公共のみによって行われていた。しかし、1990年代以降、多くの国で民間企業が参加するようになり、今日では660を超える事業がPPP(Public Private Partnership)方式により実施されている。従来、PPP事業では国際的な水メジャーが重要な役割を担っており、フランス企業は662事業のうち110事業に主要スポンサーとして参加し、アメリカ企業(50事業)及びスペイン企業(42事業)等がこれに次ぐ状況である。しかしながら、日本企業の参加は10事業に満たない。本調査では、日本企業が上下水道関連PPPに参加できるようにするために上下水道関連PPPにおいてリスクがどのように管理されているか検討した。本調査の対象国としては、文化の異なる2ヶ国としてオーストラリア及びベトナムを選定し、両地域における公開資料の検討及びPPP事業者へのインタビューを行った。
本調査による主な検出事項は、次のとおりである。
(1) オーストラリア
一般に、オーストラリアのPPPは成熟しており、リスク分配も両当事者にとって合理的なものとなっている。例えば、上下水道関連PPPにおいて民間事業者が需要リスクを管理することは難しいとされているが、オーストラリアでは、公共が需要リスクを負担することが一般的となっている。
但し、民間企業は、コントロールしがたいリスクを負担することもある。とりわけ民間企業が事業用地に関して幅広いリスクを負担している例が散見された。
また、リファイナンスリスクは、特に金融危機後に深刻なリスクとなっている。
(2) ベトナム社会主義共和国
1995年及び2000年に、2つのBOT事業がそれぞれ実施されている。1995年のBOT事業は資金調達の問題が生じたが、結局スポンサー(株主)自らの資金で事業を行い、現在も運営中である。2000年のBOT事業は中途解除され、事業者を交替した上で、BOO事業として実施され、現在運営段階に入っている。
上記2事業におけるBOTスキームは、もともとは国際的なスタンダードに沿って作成されたものであるが、ベトナム政府はこのスキームに拘っておらず、例えばBOO方式(ベトナムのBOOは事業期間を設定しない点に特徴がある)なども含めて検討しベストなものを選択しようとしていると思われる。本調査を通して、BOO方式などのスキームは、少なくともベトナムにおいては、当事者間のリスク分配をより合理的なものにできる可能性があることがわかった。
このように、地域ごとにスキームの合理性を考えるべきであって、最善のスキームは、理想的PPPスキームとは、異なり得ることに留意することが重要であると考えられる。
英文要約 In the past, water supply and sewage services were almost exclusively conducted by the public sector. However, private companies have been participating in the provision of such services in many countries since the 1990s. To date, more than 660 projects have been implemented through the PPP (Public Private Partnership) method. In PPPs, international water majors have played an important role. Out of 662 projects, French companies participated in about 110 projects as major sponsors of the projects, followed by the U.S. (50 projects) and Spain (42 projects). However, Japanese companies participated in less than ten projects. In our research report, we discussed how the risks in water PPP projects can be managed for the purpose of assisting Japanese companies in participating in them. We selected two countries with different cultures, Australia and Vietnam, and analyzed published documents and interviewed PPP participants in these countries.
The following are our major findings:
(1) Australia
Generally speaking, PPPs in Australia are very sophisticated and risk allocation is reasonable for both parties. For example, in water PPP projects, the demand risk is difficult to manage for private companies. In Australia, as a general rule, the demand risk is assumed by the public sector.
However, private companies also assume some risks that are difficult to manage. Among others, it is notable that private companies assume a wide range of site condition risks in some projects.
In addition, after the worldwide financial crisis, the refinance risk has become a serious risk.
(2) Vietnam
Two BOT (Build, Operate and Transfer) projects were implemented in 1995 and 2000. The 1995 project faced difficulties in procuring funds, so the shareholders of the BOT company completed the project using internal funds, and the BOT company continues to operate today. The 2000 project was canceled and implemented as a BOO (Build, Own and Operate) project following a change in the project’s private contractor. The BOO project is now at the operational stage.
Although the above two BOT projects were structured in accordance with global standards, it seems that the Vietnamese government no longer adheres to such schemes and tries to choose the best scheme from a variety of schemes including the BOO scheme (with no set period for the project). Through our research, we understand that there is a possibility that the BOO scheme, etc. enable more reasonable risk allocation for both parties at least in Vietnam.
In conclusion, we understand that we need to localize our mind-set. The best solution may be different from the ideal PPPs with which we are familiar.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る