成果報告書詳細
管理番号20110000001668
タイトル平成22年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09E51018a in situ Padlock RCA法による細胞内DNA検査用マイクロ化学チップの開発 平成22年度中間
公開日2011/11/26
報告書年度2010 - 2010
委託先名日本女子大学佐藤香枝
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約細胞捕獲法の検討:細胞サイズの7~8割の深さの流路表面を抗体で修飾したマイクロチップで細胞を選択的に捕獲できること示した。
In situ Padlock/RCAの最適化:マイクロチップ内に導入した全細胞からRCA産物を得ることが出来た。
定量分析:マイクロビーズ法でpadlock probeの濃度を変化させたときのRCA産物の数について調べたところ、検量線は0.05~1 nMの範囲で直線性を示し、反応系として有効であることが確認できた。
英文要約Cell capture: Cells could be selectively captured in the microchannel with a depth of 70-80% of the cell size, of which surface was modified with an antibody.
Optimization of in situ padlock/RCA: RCA products could be detected from all cells which were introduced into the chip.
Quantitative analysis: Amount of the RCA products were determined by the microbead method with various concentrations of padlock probe. The obtained calibration curve showed linearity from 0.05 nM to 1 nM, and the validity of the method was proved.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る