成果報告書詳細
管理番号20110000001672
タイトル平成22年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09E52004d エネルギーハーベストによる低コストセンシングシステムの開発 平成22年度中間
公開日2011/11/26
報告書年度2010 - 2010
委託先名国立大学法人東京大学川原圭博
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約まず、電磁界の周波数別の強度を測定し空間中のエネルギー分布を高速に可視化できるシステムを構築した。放送通信システムで利用されている100MHz-3GHz帯の電界成分については2年に渡る大規模なデータベースを構築することができた。さらに、同期型MAC であるDSMAC を適用可能な電力管理手法を考案した。シミュレーションにより既存の電力管理手法との比較を行い、本提案手法の有効性を示した。そして、紙基材を用いた低コストセンサノード構築技術について、インクジェット印刷技術により紙にレクテナ(電力再生用アンテナ)を印刷し、UHF帯の電磁波のエネルギーを取り出し、取得したセンサデータを給電なしに無線で読み取りできるセンシングシステムを実装することができた。
英文要約First, we have implemented a spectrum visualization system that accommodates our RF signal intensity measurement data for each frequency. We have collected E-Field data of 100MHz-3GHz intended for broadcast and communication systems for two years. In addition, a new energy management scheme is developed based on a synchronous MAC named DSMAC. Simulation results show that this new scheme proved is effective. Moreover, we have implemented a sensing system that captures the sensing data and send them over the wireless link up without power charge. The sensing node can harvest electrical energy from UHF band RF signal using a rectenna printed on top of a paper surface using inkjet printing technology.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る