成果報告書詳細
管理番号20110000001684
タイトル平成21年度~平成22年度成果報告書  平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09E52013d パルス駆動による知覚輝度向上効果を用いた消費電力半減LED光源システムの実用化 平成22年度最終
公開日2011/11/26
報告書年度2009 - 2010
委託先名国立大学法人愛媛大学本村英樹
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約複数のLED を用いて、発光色が変化しない条件で測定したところ、パ
ルス点灯による知覚輝度向上効果は1.5 倍程度と見積もられた。また、
照明用途に必要な照度を得るために、高輝度LED を用いた場合でも同
様の効果が得られることが示された。
英文要約To obtain the improvement degree without color change effect,
plural LEDs are operated by pulsed current and the peak
current is set at the same value with that of DC operation. From
this experiment, it is found that the perceived luminance
improvement degree is estimated as 1.5 times. This value is also
obtained in the realistic illuminance case, which is realized by
using high power LEDs.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る