成果報告書詳細
管理番号20110000001347
タイトル平成20年度成果報告書 国際石炭利用対策事業 クリーン・コール・テクノロジー招聘研修事業(タイ、インドネシア、ベトナム、モンゴル)
公開日2011/12/13
報告書年度2008 - 2008
委託先名財団法人石炭エネルギーセンター
プロジェクト番号P93054
部署名環境技術開発部
和文要約1.事業の目的
アジア諸国へのCCTの導入・普及を支援し、更には環境保全に資するため、当該地域の主に石炭利用設備の実務に係る技術責任者、及び関係する技術者・管理者等を研修生として受入れ、我が国のCCTを紹介するとともに、相手国のエネルギー政策や必要としている石炭利用技術等を把握し、我が国のCCTの効果的な導入・普及を促進していくことを目的としてCCT研修を実施。
2. 実施内容
数々の準備を基に招聘研修生に対する現地での事前オリエンテーションを実施し,下記内容に基づく研修を開催。
(1)研修生招聘対象国、参加者数
総数 79名「タイ 21名、ベトナム 27名、インドネシア 28名、モンゴル 3名」
(2)研修コースと期間(3週間~7コース)
1) タ イ :石炭火力発電-技術者コース、石炭火力発電-管理者コース
2) ベトナム:石炭火力発電コース、石炭焚きボイラコース
3) インドネシア:石炭火力発電コース、石炭利用産業コース
4) モンゴル:石炭利用産業コース
(3)カリキュラムの編成
各コースのカリキュラムは各国別、コース別に講義と実習で編成。講師陣については各分野から適任者を選定。講義内容は当該現地語へ逐次通訳。
(4)事前オリエンテーション
事前オリエンテーションを実施。各コースの講義カリキュラム、現場研修プログラム、研修時発表(ファーストレポート等)の依頼と発表資料の準備、日本滞在中の諸注意事項等の説明を実施。
(5)フォローアップ調査
アンケート調査を実施。結果を研修全般に関する評価情報として取りまとめた。
(6)CCT推進の為の分析、評価
研修期間中に研修生が発表した報告資料とアンケート調査結果により、今後当該国に移転、普及の可能性の高い我が国のCCTの選別や課題についてまとめた。
3.実施結果
(1)研修内容
今年度は国別に研修生を招聘し、コース毎の講義、現場研修を実施。入帰国時には類似した問題で試験を実施、研修生の理解度を評価。
(2)アンケート調査結果
研修生に対するアンケート調査結果、研修生が作成報告したカントリーレポートの内容から、各国別に石炭の利用、CCTの導入普及及び移転普及の為の考察という形で取りまとめた。
1)タイ
  a. 環境対策としての排煙処理技術(脱塵、脱硫、脱硝対策技術)
  b. 石油代替としての石油代替技術(CWM、UBC、液化技術)
  c. 国内炭資源の有効利用としての低品位炭利用技術(CFBC、改質技術)
  d. エネルギー効率の向上としての先進的燃焼技術(USC、IGCC他)
技術導入の経済性や設備メンテナンス等のコストに係わる分野研修
2)ベトナム
a. ベトナム企業の体力にあったCCT技術の普及促進を展開するのが妥当 
b. 人材育成や、日本の先進的な技術知識・設備情報へのアクセス方法に対する要望
(火力発電所に関する設計やエンジニアリング業務に関する人材・情報不足による)
CCT移転普及としては、状況に合った「循環流動床ボイラ」、「選炭」等が対象となる。
3)インドネシア
  a. 石炭燃焼事前処理技術(石炭の品質改善や輸送効率の改善の技術。即ちUBC、液化、ガス化、CWM、バイオマス混燃)
  b. 石炭の燃焼技術(燃焼効率の改善技術。即ちCFBC,IGCC。小規模発電のための燃料コスト低減策)
  c. 石炭燃焼後処理技術(排煙処理技術、石炭灰の発生抑制や有効利用技術)
現地セミナー、現地発電所関係者を対象とした操業指導(研修事業)、設備改善支援(設備診断)などが、CCT普及に役立つのではないか。
4)モンゴル
火力発電所に関する設計やエンジニアリング業務についての情報、日本の先進的な技術知識・設備情報に対する要望が強い。移転普及対象のCCTは、低品位炭対象「循環流動床ボイラ」、「選炭技術」、民生用「ブリケット製造技術」「環境対策技術」等である。
また燃焼効率向上とともに重要な技術である「環境対策技術」は、脱塵、脱硫、脱硝技術全てが対象となり、都市部の環境対策として有効であると考える。
英文要約1. Purpose of Project
This project invites managers and engineers involved in the operation of coal utilization facilities from applicable countries as CCT trainees, in order to support the introduction and dissemination of CCT in their countries and to contribute to environmental conservation. The training program is intended not only to introduce Japan's CCT to the trainees but to identify the energy policy in their countries and what coal utilization technologies they actually need, so as to facilitate the effective introduction and dissemination of Japan's CCT.
2. Project Overview
Based on the preparations, preliminary local orientation for the trainees was conducted in their own countries before commencing the training program as described below:
(1) Countries and the number of trainees
79 trainees were invited from the 4 target countries: 21 from Thailand, 27 from Vietnam, 28 from Indonesia and 3 from Mongolia.
(2) Training courses and period
Three-week training courses were arranged for each country.
1) Thailand: Coal Fired Electric Power Generation Course for Engineers
Coal Fired Electric Power Generation Course for Managers
2) Vietnam: Coal Fired Electric Power Generation Course
Coal Fired Boiler Course
3) Indonesia: Coal Fired Power Generation Course
Coal Utilization Course
4) Mongolia: Coal Utilization Course
(3) Developing a training curriculum
The training curriculum, lectures, plant tours and hands-on practice in plant sites, was developed by taking into account the differences in needs and characteristics of the target countries. Lecturers were selected from experts in Japanese private companies, government and municipal agencies, NEDO and JCOAL. Lectures in Japanese were translated word for word by interpreters into the target languages.
(4) Preliminary orientation
Preliminary local orientation for the trainees was conducted in their own countries. The trainees were given an explanation about the lecture curriculum, the details of each course and the site training program, and asked to give a presentation during the training courses in Japan (along with First, Final and Country Reports) and prepare material used for the presentation.
(5) Follow-up surveys
In order to improve the training program, we held a questionnaire survey among the trainees. The result of the survey was compiled as general training evaluation information.
(6) CCT promotion analysis and assessment
We sorted out and analyzed the reports presented by the individual trainees.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る