成果報告書詳細
管理番号20110000001403
タイトル平成22年度成果報告書 ポーラス金属の高速圧縮試験方法に関する標準化事業
公開日2011/12/13
報告書年度2010 - 2010
委託先名公立大学法人首都大学東京
プロジェクト番号P04002
部署名電子・材料・ナノテクノロジー部
和文要約本書は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業として平成22年度に実施された「ポーラス金属の高速圧縮試験方法に関する標準化事業」の成果をまとめたものである。本事業では、発泡(フォーム)金属あるいはセル構造材料と称される比較的気孔率の高いポーラス金属を対象とし、高速圧縮試験の標準試験方法を策定してISO国際規格に提案すること、および平成20年にISO提案した「ポーラス金属の圧縮試験方法」のISO国際規格制定に向けたフォローアップ(DIS承認)を目標としている。本事業の具体的な成果は以下の通りで、所期の目標を十分に達成することができた。
(1) 国内外の技術動向調査
国外については、International Conference of Cellular Materials(セル構造材料に関する国際会議)および米国のALCOA社とNorthwestern大学において研究開発の動向を調査した。一方国内については、(社)日本塑性加工学会が実施した塑性加工技術セミナーでの最新動向を調査した。これらの調査結果は、本事業が進めているポーラス金属の標準試験方法のISO提案やDIS承認に向けて大変有益であった。
(2) ISO提案を補強する高速圧縮試験の実施
平成19~21年度に実施されたNEDO委託事業「ポーラス金属の変形特性の評価試験方法に関する標準化調査研究」において各種の高速圧縮試験の試作・解析が行われており、本事業ではISO提案のWD作成やDIS審議のためのフォローアップとして基礎データの補完を行った。それらの結果は、ポーラス金属の高速圧縮試験方法のISO提案用のWD作成において大変有益であった。
(3) 高速圧縮試験法のWD作成とISO提案
平成19~21年度のNEDO委託事業(前述)で作成されたJIS原案「ポーラス金属の高速圧縮試験方法」の内容をさらに精査し、それを基にISO提案用のWDを作成した。また、平成22年9月に米国ボルダーで開催されたISO/TC164国際会議のSC2委員会で、提案予定の国際規格案について説明し各国委員の理解を得ることができた。以上の成果より、ISO/TC164/SC2にNWI(New Work Item新規作業項目)として正式に提案した。
(4) 静的圧縮試験方法のISO化
平成20年12月にISO規格案として新規提案した「ポーラス金属の(静的)圧縮試験方法」は、その後の委員会審議や投票を経て平成22年2月にCD(Committee Draft委員会原案)として承認された。今年度はCD投票時の修正コメントの内容を検討してDIS案(Draft International Standard 国際規格原案)を作成し提出した。その後賛否投票が実施され、平成22年12月にDISとして承認された。その後FDIS(Final Draft International Standard)を作成してISO中央事務局に提出した。平成23年度前半には最終投票が実施されISO規格として制定される予定である。
英文要約In this project, the high speed compression test for porous and cellular metals with 70% or more porosity was investigated toward an establishment for reasonable standardization of the testing method. A proposal of an international standard on the high speed compression test is one aim of this project. The following up the other international standard on the static compression test which was proposed in December 2008 is an another aim of this project. This project was supported by New Energy and Industrial Technology Development Organization.
(1) Investigation of development on related technology at home and abroad
Practical research and development on the porous and cellular metals were investigated in the International Conference of Cellular Materials held in Dresden, Germany and ALCOA Company and Northwestern University in USA. The seminar on the standardization of some testing methods conducted by the Japan Society for Technology of Plasticity was also investigated.
(2) Examination of compression test of porous metals
Static and dynamic compressive tests in various strain rate ranges were carried out for commercially produced aluminum foams in the previous project executed in 2007 to 2009. In this year, some additional examinations were carried out to compensate the basic data for the proposal and following up an international standard on static and dynamic compression test.
(3) Preparing and proposal of an ISO standard of high speed compression test
In the previous project in 2007 to 2009, an original draft for JIS standard on “High speed compression test for porous and cellular metals” was prepared. The working draft (WD) for ISO standard was prepared based on the JIS standard draft. The WD was introduced in the SC2 meeting of ISO/TC164 international conference held in Boulder, USA at September 2010. As the results, a new work item (NWI) with the WD was officially proposed to ISO/TC164/SC2 committee.
(4) International standard (ISO) of static compression test
The working draft (WD) “Compression test of porous and cellular metals” proposed in 2008 was processed successfully, and the committee draft (CD) was approved by voting in February 2010. A draft international standard (DIS) was prepared by considering some comments in CD voting, and the DIS was also successfully approved by voting in December 2010. Now, the final process is preparing to vote a final draft international standard (FDIS), and the ISO standard will be established in 2011.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る