成果報告書詳細
管理番号20110000001645
タイトル平成21年度~平成22年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09B39011d 白色シースルー色素増感型太陽電池の開発 平成22年度最終
公開日2011/12/13
報告書年度2009 - 2010
委託先名国立大学法人岐阜大学船曳一正
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約近赤外領域の光だけを光電変換するDSCセルの耐久性は、半導体として酸化チタンを用いた場合に、著しく向上した。前年度の引き続き、色素の分子構造チューニングおよび新規有機色素の開発を実施し、長鎖アルキル基の導入で電池特性の向上を達成した。さらに、ヨウ素電解質の無色化ならびに無色透明有機レドックス対の改良を実施し、白色シースルーDSCの高効率化に取り組んだ。
英文要約The use of titanium oxide as a semiconductor has achieved the increasing of the durability of the cells. Introduction of the long alkyl chains to the organic dyes resulted in the increasing the efficiency of the dye-sensitized solar cells. Furthermore, not only remove of the color of the iodine electrolyte but also the improvement of efficiency of the dye-sensitized solar cells using iodine-free redox pair was carried out.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る