成果報告書詳細
管理番号20110000001646
タイトル平成22年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09A13001d 自律的性能補償を実現するVLSI設計技術の研究 平成22年度中間
公開日2011/12/13
報告書年度2010 - 2010
委託先名国立大学法人大阪大学橋本昌宜
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約チップ間、空間的変動成分検出用ばらつきセンサの小面積実装、ならびにランダムばらつきを考慮したデバイスパラメータ抽出手法を確立した。
性能補償後に得られる回路遅延の分布を求める計算を実現し、それを利用した基板バイアスクラスタリング手法を開発した。
英文要約We developed a device-parameter extraction method that considers random variations. For that purpose, we devised an area-efficient sensor structure.
We developed a computation method that estimates circuit delay after performance compensation. Using this method, we devised a body bias clustering method.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る