成果報告書詳細
管理番号20110000001649
タイトル平成22年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09A17001d  3重項 - 1重項変換を利用した蛍光有機EL素子の高効率化 平成22年度中間
公開日2011/12/13
報告書年度2010 - 2010
委託先名国立大学法人山形大学夫勇進
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約 4種類のピレン化合物を含む10種類の有機EL化合物を合成した。ピレン化合物において結合位置の制御による1重項または3重項励起状態への影響を明らかにした。低温(~5K)リン光スペクトルから励起三重項準位を決定し、蛍光寿命、蛍光強度の酸素依存性がピレン化合物の結合様式に大きく依存する事を明らかにした。青色素子においても8.1% @100 cd/m2を達成した。電子輸送性材料B3PyPBの蛍光有機EL高効率化への高い有用性を明らかにした。
英文要約We synthesized the four type of pyrene compounds for organic light-emitting devices (OLEDs). We revealed that substitution position of pyrene derivatives affect excited singlet and triplet state of the compounds. The energy levels of the excited triplet state were estimated from phosphorescence spectra obtained at ~5K. The fluorescence intesity and lifetime were strongly dependent on the subsititution position. In a blue fluorescent OLED, 8.1% of external quantum efficiency at 100 cd/m2 was achieved with the electron-transporting material B3PyPB.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る