成果報告書詳細
管理番号20110000001650
タイトル平成22年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09A18002a 高性能水中有害物質除去フィルターの開発 平成22年度中間
公開日2011/12/13
報告書年度2010 - 2010
委託先名国立大学法人信州大学手嶋勝弥
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約・4000L通水(流量2.0L/min)時の溶解性鉛の除去率80%以上を達成:フラックス結晶育成条件を制御することで,チタン酸塩結晶の組成・構造・サイズなどを制御でき,目標性能を達成できた。
・溶解性鉛以外の重金属イオンの除去実現:浄水フィルターとして重要な8種の金属イオンを除去できる層状チタン酸塩結晶(無機イオン交換体)をフラックス育成できた。
・殺菌・抗菌・有害物質の無害化性能の付与実現(光触媒効果利用):フラックス育成した層状チタン酸塩結晶の光触媒効果により,有機系有害物質を無害化できた。
・浄水器用フィルターのリサイクル性評価:溶液処理により,吸着試験済のフラックス結晶からの重金属イオンの脱離を確認した。
英文要約*Elimination rate > 80 % (JIS S3201) of dissoluble lead ions at continuous water flow (CWF) test (4000 L): The target value was solved by using the grown titanate crystals. The titanate crystals had better ion adsorption properties than those of commercial ion exchange resins.
*Elimination of heavy metal ions besides dissoluble lead ions: Layered titanate crystals which were able to adsorb eight kinds of metal ions were successfully grown by our flux method.
*Addition of disinfection and antibacterial properties by use of photocatalytic effect: Layered titanate crystals grown by the flux method exhibited good performances under UV light irradiation.
*Recycle performance of flux grown crystals for WP filters: By solution treatment, elimination of some heavy metal ions from the flux grown crystals which had examined adsorption tests was confirmed.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る