成果報告書詳細
管理番号20100000002309
タイトル平成20年度成果報告書 欧州のイノベーション政策動向調査
公開日2012/1/13
報告書年度2008 - 2008
委託先名OZAWA SARL
プロジェクト番号P09018
部署名企画調整部
和文要約EUレベルでのイノベーション政策における2008年の動きとしては、域内の共同研究開発を一定のメンバー国間でアラカルトに立ち上げることを可能にするスキームの準備と、域外との国際協力において先進国地域との協力重視という二つの戦略的転換が注目される。従来EUの研究開発・イノベーション政策は、EU全体としての共同プログラムであることを基本としてきたが、現在27カ国にまで拡大されたEU全体のコンセンサス形成にはますます大きな時間と労力が必要となる反面、効果的なイノベーション政策にはタイムリーな研究開発の決定実施が重要になってきた。このため欧州委員会は、EUが直面している社会経済的な課題に関し機動的に共同研究開発を立ち上げるため、一定数のメンバー国の合意のみで共同研究開発プログラムを設置できるための大枠条件の決定に向け、合同プログラム設置(Joint Programming)イニシアチブを提案開始した(2008年7月)。このイニシアチブは、第六次フレームワーク計画(2002-2006)において技術領域別に設置された欧州テクノロジー・プラットフォームの成果を活かし、共通の戦略的研究アジャンダ(SRA)に合意したメンバー国が、持ち寄った資金に基づき共同プログラムを設置できるようにする。共同プログラムが設置される研究対象領域の同定や、共同プログラムに必要なメンバー国数などの大枠条件を、2010年までにまとめる予定であるが、その準備の一環で2009年には、パイロット・プログラムとして、アルツハイマー症の共同研究プログラムの立ち上げが見込まれている。
また、より市場に近いイノベーション分野でも共同プログラムの準備として、エネルギー分野における欧州産業イニシアチブEIIが開始されている。EUの戦略的技術計画SET-Plan(2007年11月)を背景に、風力、ソーラー、バイオエネルギー、CO2回収貯蔵、スマート電力網、第四世代原子炉の六分野で、欧州レベルの共同プログラムの立ち上げが目指されている。このイニシアチブのベースも欧州テクノロジー・プラットフォームの活動であるが、テクノロジー・プラットフォームの発展型として2008年に開始されている五つのジョイント・テクノロジー・イニシアチブJTIに関し、立ち上げ準備の重たさや実施における小回りの不十分が反省され、EIIはJTIより身軽なプログラムになるため、企業のイニシアチブをいっそう重視するとしている。
国際連携においてEUはこれまで、開発途上国やそれに準ずる新興経済国との協力を優先してきた。国際協力提携国ICPCとされるこれらの国々からの参加組織に対しては、フレームワーク計画予算からの助成があるなど、協力における優遇措置は変わらないが、研究開発を通じた製品サービス化を効率よく行うため、標準準備などで日米先進地域との戦略的協力の重要性が強く指摘されている(例えば2009年2月発表の第六次フレームワーク計画に関する事後評価)。特に日本との協力は、米国と比べて少ないうえ、第七次フレームワーク計画の開始時期には減少傾向も確認されたため、欧州委員会は共同プロジェクト掘りこしに積極的である。なお国際協力に関してはEUレベルのほか、メンバー国レベルでドイツが、国内の研究開発能力の維持のため、米国やイギリスに流れやすい国外や域外の優秀な研究人材を引き付ける努力を開始しているのが注目される。
メンバー国レベルのイノベーション政策に関する動向は基本的に、市場に近い研究開発の促進拡大にある。具体的な措置としては企業と大学や研究機関の連携強化が柱になっている。一般的に川上分野の研究ではトップレベルであるのに対し、研究開発成果の市場化が不十分という欧州のイノベーションの弱点を、研究開発の中心である大学や研究機関と、市場を意識せざるを得ない企業とを同じ場において連携させ、克服を図る。このためのアプローチとしては、英国のように企業や社会のニーズを取り込むイノベーション・エージェンシーを新設して当たらせるものと(テクノロジー戦略ボードTSB)、ドイツのようにプログラムや地域クラスターを通じて取り組むものが典型的である。この二つのアプローチは背反するものではなく、それぞれの国の実状に応じて組み合わせられているが、イノベーション政策の実施を管轄する組織機関の有無は、政策の実施体制に止まらず、政策上の特徴にもつながっている。欧州の主要8カ国につき、イノベーション政策の立案執行に関する最近の動きを検討しているが、市場に近い研究開発の拡大のための二つのアプローチの組み合わせとしてみると、これらを一つの全体的な方向において捉えることができる。
英文要約The Seventh Framework Programme entered now in its third year. In 2008 two strategic changes are observed in the European innovation policy; the one, Joint Programming initiative, that prepares framework conditions under which a group of member states can build collaboration programme à la carte, i.e. without all member states’ agreement; another one, enforcement of international cooperation with developed countries. Actually an unanimous agreement and all member states’ participation is necessary to initiate an European R&D programme. While it becomes more and more difficult to reach an entire consensus between 27 member states in the enlarged European Union, decision and execution in the matters of R&D and innovation, if it would be efficient and effective, have to be more reactive and timely. In this context the European Commission presented and launched July 2008, Joint Programming Initiative aiming to establish a number of rules under which some member states can develop a R&D collaboration programme; minimum number of partner countries, potential research themes for programmes, described for this moment as challenge for European society. The Commission gives another feature of a Joint Programme; built on a strategic research agenda, elaborated by participating countries as like as one defined in each European Technology Platform, initiated under the 6th FWP. The commission plans to define essential conditions by 2010 and to launch a pilot joint programme on Alzheimer's disease in 2009.
In the energy sector another European initiative was launched in order to develop collaboration programmes for innovation activities; European Industry Initiative. On the base of European Strategic Energy Technology - Plan (November 2007), six initiatives for wind energy, solar energy, bio energy, CO2 sequestration, intelligent grid and nuclear fission are developed. These initiatives are based also on existing European Technology Platform’s activities, however designed to be less time consuming for building up procedures and more flexible in implementation. Indeed, preparation of five Joint Technology Initiates, natural development of each corresponding ETP, who launched all their first project call in 2008 have revealed necessary to develop other flexible public funding schemes more appropriate to European innovation activities.
The European Union has always shown major consideration for developing countries or new emerging economies in international R&D cooperation. Framework Programme calls these countries international cooperation partner country ICPC, and makes easier their participation to FP projects. Participating organizations from ICPC beneficiate with EU subvention, even if their countries have no financial contribution to the FP. However increasing importance of the cooperation with developed third countries, for example, in elaboration of standards, is keenly recognized so that the recent ex-post evaluation on FP6 (February 2009) suggested a strategic reorientation to strengthening the collaboration with these countries. The European Commission tries to make more active especially EU-Japan cooperation, that is much less than with US and even weakened at the beginning of FP7. At member state’s level, Germany, being conscious of fact that United States or UK attract more easily young highly qualified foreign researchers than European continental countries, initiated action plan to be more attractive for foreign researchers in order to keep high its R&D level in terms of capacity and of activity.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る