成果報告書詳細
管理番号20110000000896
タイトル平成22年度成果報告書 戦略的国際標準化推進事業 標準化フォローアップ 揮発性有機化合物検知器の評価法に関する標準化事業
公開日2012/1/11
報告書年度2010 - 2010
委託先名株式会社ガステック
プロジェクト番号P04002
部署名環境部
和文要約VOC検知器の試験方法の規格原案作成のために、関連規格の調査を行い引用すべき既存規格を選定した。技術調査として、市販されているVOCを対象とした各種簡易型検知器の仕様を調べ、検知原理の異なる3つの検知器として半導体式、PID式、干渉増幅反射式を選択した。これらの検知器の評価を行うための試験方法を確立した。VOCテストガスの成分を合理的に決定するために、31種のVOCを混合した模擬VOC混合ガスを作製し、VOCテストガス候補として2種混合ガス、6種混合ガスを検討した。3種類のタイプのVOC検知器に対して模擬VOC混合ガスとVOCテストガス候補を用いて評価することが可能となった。さらに、パーミエーターと呼ばれるガス調整装置を用いて6種の成分から成る混合ガスを調整することができた。評価に用いた各種ガス濃度の分析はGC/MS、及びTenax捕集管、溶媒脱着用固体捕集管を用いた公定法により実施した。これらの結果を国内委員会において議論した。国際標準化のため、TC146/SC6全体会議においてWG16の決議内容を報告した。
英文要約In order to make the draft of “Test methods for VOC detectors”, we researched the related standards and selected some existing standards which should be referred in our draft. As the technical research, specifications of commercial VOC detectors for simple measurement were widely surveyed and we selected three types of VOC detectors with different detection principle, semiconductor-, PID-, and optical-type. We established the test methods for the evaluation of detectors. To determine the chemical composition of the test gas reasonably, we prepared 31-component mixture gas and examined 2 and 6-component mixture gases as the candidates for the test gas. Three kinds of VOC detectors were evaluated by using the simulated mixture gas and the candidates of the test gas. Moreover, using the gas generator called “permeater”, we generated 6-component mixture gas. The concentrations of the gases used for evaluation of the detectors were analyzed by GS/MS and the standard method for analysis using Tenax tube and solid solvent tube. The experimental results were discussed in the domestic committee. For international standardization, we reported on the content of the resolution of WG16 in the plenary meeting of TC146/SC6.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る