成果報告書詳細
管理番号20110000000989
タイトル平成22年度成果報告書 土壌汚染対策のための技術開発 原位置処理重金属等土壌汚染対策技術開発 物理化学的処理対策技術の開発
公開日2012/1/13
報告書年度2010 - 2010
委託先名土壌修復ラジアルウェル技術研究組合
プロジェクト番号P10013
部署名環境部
和文要約本年度は、提案するシステムの基礎検討の位置づけで各要素技術の調査・検討、次年度から本格的に実施する実験研究の準備等を行った。
要素技術(項目1~6)ごとの研究開発実績概要は以下のとおりである。
項目1 基盤支援技術 
項目2以降の研究項目で実施する研究内容の調整・支援を、早稲田大学分室で行った。
項目2 配水循環システムの研究開発
1)土壌汚染サイトの現状調査 … 公的開示資料(8,965件)他によるデータを取りまとめた結果、汚染対象面積、対象深度、汚染物質等は、70~80%が想定範囲内でありことがわかり、地質条件にもよるが本技術の適用可能対象範囲が広いことが判明した。
2)ラジアルウェルの小口径化の課題抽出 … 立坑の工法比較を行い、適用サイトの諸々の条件(湧水等)に技術的かつ経済的に適用できる一覧表を完成させた。また、水平ボーリング機械の課題を抽出した。
3)飽和不飽和浸透流解析 … 浸透流の解析モデルを作成した。
4)浸透流試験 … 試験用装置の試作品を製作し、浸透流の実験的検討の準備を終えた。
項目3 重金属等の土壌からの脱着法の研究開発
1)撹拌平衡系での脱着試験 … 浸出液の酸化還元電位およびpHを変化させ脱着挙動を把握した。
2)連続試験カラムの設計・試運転 … 不飽和帯試験カラムを作成し試運転を行った。
項目4 土壌から脱着した重金属等の吸着処理システムの研究開発
1)水処理技術の調査 … 凝集沈殿法と吸着処理法の併用を想定することになった。
2)水処理剤の試作開発 … 凝集沈殿材の改良と各種の新規吸着材の試作を行った。
3)水処理メカニズムの解明と吸着特性の評価 … 水処理の小規模試験を実施し、試作材の吸着特性評価を開始した。
4)室内カラム試験装置 … 6連カラム試験装置の設計・製作・据付・動作確認を完了。
項目5 原位置モニタリング技術の研究開発
1)小口径ボーリング技術の応用 … 保有技術の応用による簡易な採水法を見出した。
2)既存モニタリング技術の現状把握等 … 採水サンプリングは上記の方法により大幅なコストダウンが見込めることが判明した。
項目6 遮水壁の研究開発
1)地中鉛直連続遮水壁の現況調査 … NETIS(国土交通省技術情報提供システム)等により調査した結果を比較検証し、採用する工法を決定した。
英文要約Basic research and study of each technology composing overall system has been carried out to ensure the feasibility of proposed system and to prepare for various research work from now on.
Summary of outcome through basic research and study for each technology from item 1 to 6 are as follows;
Item 1 Basic technology development 
The details of each technology from item 2 to 6 were checked and supported carefully by the relating basic technology possessed by Waseda University.
Item 2 Circulation system of soil purifying water by radial well
1)Existing polluted site data … Published data (8,965 cases)were analyzed and proved that our proposed system might be applicable to 70-80% of them from the view point of site area, polluted depth, kinds of heavy metals and so on.
2)Small sized radial well … Various well construction methods were studied and a list of well construction methods applied to various site conditions were made. Constraint of machine size for horizontal coring also became clear.
3)Fluid flow analysis for saturated soil together with non-saturated soil … Analysis model was established.
4)Flow test … Trial test equipment has been prepared and tested.
Item 3 Desorption technique of heavy metal from polluted soil
1)Beaker test … Tendency of desorption due to redox potential and pH was found out.
2)Column test apparatus … Non- saturated soil model was tested.
Item 4 Absorption/ precipitation treatment of desorbed heavy metals in water
1)Study of existing technologies … Combined use of absorption and precipitation treatment proved to be necessary for a certain cases.
2)Materials to be used … Absorption and precipitation treatment materials were newly produced and tested.
3)Investigation about absorption and precipitation mechanism and their characteristics … Small size tests were partially started and will be continued.
4)Column test apparatus(6 Nos.) … Column test apparatus were designed, manufactured, installed and tested.
Item 5 Monitoring system on polluted site
1)Application of small-diameter boring technology in hand … Simple water sampling method was found out.
2)Other technologies … Simple water sampling method proved to be very cheap.
Item 6 Impervious wall
1)Investigation of existing construction method of vertical impervious wall… After comparing various existing construction methods, one specific method was chosen to be useful in our system.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る