成果報告書詳細
管理番号20110000001002
タイトル平成19年度~平成22年度成果報告書 戦略的石炭ガス化・燃焼技術開発(STEP CCT) 石炭利用プロセスにおける微量成分の環境への影響低減手法の開発 高度除去技術
公開日2012/1/13
報告書年度2007 - 2010
委託先名バブコック日立株式会社
プロジェクト番号P07021
部署名環境部
和文要約本研究では,石炭焚ボイラの排煙処理プロセスにおける水銀挙動を明確にし,大気への水銀放散を防止するための技術開発を早期に実現することを目的とし,最も厳しい規制値(水銀排出量:3μg/kW,カナダ)を目標値とした。まず,ラボ試験によりガス中の水銀挙動の基礎データを取得し,石炭灰への付着特性及び脱硫液への吸収特性を把握した。次に,ラボ試験で得られた各種基本特性をもとに,当社保有の小型試験炉(給炭量:40kg/h)及び排ガス処理装置を使用した実ガス試験を実施し,各機器における水銀形態の変化及び水銀除去特性を確認し,目標値達成に向けた水銀除去システムを選定した。さらに,当社保有の大型燃焼試験設備(給炭量100~120kg/h)を使用し,カナダ産,米国産及び中国産の4炭種を用いた試験を行い,上記システムの妥当性を評価し,目標値である水銀排出量:3μg/kWを達成できる見通しを得た。
また,脱硫排水の処理で問題となるホウ素,セレンについても,基礎試験及び大型燃焼設備試験によって排ガス中における挙動を確認し,低減方法を検討した。
英文要約In this study we made clear mercury behavior in flue gas treatment systems of coal-fired plants, and developed methods to prevent its discharge into the atmosphere. The target of mercury emission level is 3μg/kWh, which is the most severe regulation value in the world and proposed in CANADA-WIDE STANDARDS.
First, we obtained fundamental data of mercury behaviors i.e. oxidation in flue gas, adsorption on fly ash and absorption in desulfurization absorbent solution by laboratory scale tests with simulated flue gas. Next, based on the laboratory test results we determined mercury speciation, and evaluated the removal properties in each flue gas treatment device with actual exhausts of our existing bench scale test furnace (coal feed rate: 40kg/h). And we determined a mercury removal system to achieve the target emission revel. Subsequently, we validated the system by a pilot scale test plant (coal feed rate: 100 – 120 kg/h) using four coals (from Canada, U.S. and China), and obtained a prospect for achieving the target mercury emission (3μg/kWh).
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る