成果報告書詳細
管理番号20110000001772
タイトル平成19年度~平成22年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07A20008a カプセル型分子素材を用いた過塩素酸除去剤の開発 平成22年度最終
公開日2012/1/13
報告書年度2007 - 2010
委託先名静岡大学近藤満
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約 1000ppbの過塩素酸イオンを通過させるだけで10ppbレベルに除去できるカプセル型の過塩素酸イオン除去剤の開発に成功した。本カプセル素材は銅イオンを含んでいるが、銅イオンの溶出は 0.16 mg/L 以下で、国際的な飲料水の基準を10分の1以下での除去を達成した。この新しい除去法は、共存する他の陰イオンの影響も受けず、また再生も容易という優れた活性を有する。また、これまでに確立してきた技術を応用して、水中の過塩素酸イオンに選択的に反応して、紫色に呈色する世界初の過塩素酸イオン検出剤を開発した。
英文要約Capsule type molecule, which can reduce the concentration of
perchlorate from 1,000 ppb to about 10 ppb by just passing
through was developed. This material, which involves Cu(II) ion
in the framework, released Cu(II) ion less than 0.16 mg/L. This
concentration level is lower than that in drinking water required
by World Health Organization (2 mg/L).
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る