成果報告書詳細
管理番号20110000001780
タイトル平成19年度~平成22年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07E51203a ニワトリ卵を用いた有用蛋白質大量生産法の基盤技術の開発 平成22年度最終
公開日2012/1/13
報告書年度2007 - 2010
委託先名産業技術総合研究所大石勲
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約本年度我々は、ニワトリ始原生殖細胞株に卵管特異的にヒト抗体医薬を高発現する遺伝子発現系を安定導入した。樹立された始原生殖細胞株をニワトリ3日胚血液中に移殖した後、発生過程の生殖腺、孵化後の精巣での移殖細胞の生殖系列分化を免疫組織学解析により明らかにした。また、始原生殖細胞株移殖胚を孵化させ6ヶ月の飼育を行い、生殖巣キメラニワトリの候補を6羽樹立した。それぞれから精液を採取解析したところ、2羽が導入した抗体発現系遺伝子を精液中に有しており、導入した外来遺伝子を生殖系列に含ませる事に成功したことが強く示唆される
英文要約In FY2010, We established PGC lines carrying therapeutic mAb expression system. The PGC lines were transplanted into the vascular system of day 3 embryos in ovo. Six germline chimera chicken candidates were obtained and two of them contained transgenes in their semen.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る