成果報告書詳細
管理番号20110000001782
タイトル平成19年度~平成22年度成果報告書  平成19年度採択産業技術研究助成事業 07E52009a オホーツク海・北太平洋亜寒帯における海洋基礎生産減少の要因解明および海洋CO2吸収量への影響評価と予測 平成22年度最終
公開日2012/1/13
報告書年度2007 - 2010
委託先名北海道大学三寺史夫
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約ロシア極東水文気象研究所と共同でオホーツク海、ベーリング海のロシア未公開データを含むFERHRIデータベースを用いることで、西部亜寒帯域の表層低塩分化を明確に示すことができた。全球の物質循環・生態系モデルによる温暖化実験では表層栄養塩濃度が温暖化とともに減少するが、これは表層の成層化と対応しており、現在生じている西部亜寒帯循環の成層化および栄養塩減少と整合的である。また最先端のモデル同士で温暖化実験比較しており、温暖化予測の信頼性を検討した。さらに氷海域の鉄循環モデルを世界で始めて開発し、高密度水形成と中層循環による鉄輸送シミュレーションに成功した。中層循環形成に重要な潮汐混合パラメタリゼーションの改良も大きく進展し、物質循環シミュレーションの高精度化が行われた。
英文要約Aiming toward elucidating causes of recent decrease of primary production, we have conducted basic researches on upper ocean processes and iron circulation processes, as well as model development. In collaborative work with FERHRI, we analyzed hydrographic data in the Bering Sea, together with those of Sea of Okhotsk and the Oyashio area. It has been found that all these areas have a freshening trend, which originates in the Bering Sea. Global warming experiment for material circulation modeling has suggested that upper-layer stratification is likely to be important for decreasing nutrients’ concentration. Further, we have succeeded in developing an iron circulation model including sea-ice processes.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る